プロ野球・巨人執念の逆転勝ちで7連勝

ここにきて巨人の勢いが止まらないです。今日も先発田口投手が5回に捕まり厳しい戦いになるかと思いましたが、すぐさま反撃し、2点差に迫ると、7回に6点を挙げるビッグイニングを作り試合を決めました。6連敗していた時にはなかった打線の繋がりがここに来て出てきています。昨年はなかった打線の繋がりが今年の巨人にはあります。チーム打率285は断トツのトップです

昨日は(28日)は絶対的エース菅野智之投手が2塁を踏ませぬ無四球完封でヤクルトを寄せ付けなかった巨人。今日は自慢の打線が火を噴きました一気に7連勝で借金生活から一転現在は貯金生活に入っています。これで4月の勝ち越しも決定しました。完全に目を覚ました巨人打線。この打線を止めるのはそう簡単な事ではありません。

 

打線が繋がるようになった

どんなにいいバッターがいてもその選手1人では勝てないのが野球です。巨人は6連敗を喫した時には打線が繋がりませんでしたが、7連勝中の現在は打線がしっかり繋がっています。ここにきて巨人は大技を繰り出すようになってきました。主軸にホームランがポンポン生まれるようになったので他球団からすると非常に厄介なチームに現在の巨人はなっています。

今年の巨人打線は繋がればかなり怖いです。主軸はホームランが期待でき、機動力を使う事も出来ます。今はまだそれ程機動力を使っていませんが、足の使える選手も多いです。これでも巨人は核弾頭の陽選手を骨折で欠いています。それでいてこの破壊力のある打線が猛威をふるっています。

今年の巨人の先発投手で安心してみていられるのは絶対的エース菅野智之投手と山口俊投手の2人だけです。田口投手と吉川投手がピリッとしません。野上投手はそれなりの安定感はあります。投手陣が万全ではない巨人はとにかく強力打線で投手陣を援護します。

巨人は完全に波に乗った

連勝はいずれは止まるものです。しかし、今の巨人打線を止めるのはそう簡単な事ではないと思います。1度勢いに乗ると今年の巨人打線は手を付ける事が出来ません。本当に他球団からしてみれば厄介な存在です。去年まではなかった打線の繋がりが今年の巨人の快進撃を支える事になりそうです。

エース級の投手でも巨人打線を完全に抑え込む事は難しいと思います。巨人打線が勝つか相手投手が勝つかの単純な勝負になります。

ツイッターの反応は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

現在の巨人打線は1度火がつくと手におえない状態です。この状態が続く限り巨人の連勝は続くのでしょうか。連勝が止まってもすぐまた連勝が始まると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-21

    木村拓哉の愛車サリーンS7等について調べてみた 事故の反応まとめ

    6月20日に元SNAPの木村拓哉さんが東京・調布市で車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突する事…
  2. 2017-3-6

    中国が携帯料金廃止って?現地メディアでその意味を探った。海外の反応は?「何て良い総理だ」「まず解決すべきは住宅と医療だ」

    5日開幕した全国人民代表大会の李克強首相の政府活動報告の中で、最も会場が沸いたのが、 「携帯電話料…
  3. 2017-5-2

    陸上の世界記録白紙を欧州陸連が提案し炎上!その反応まとめ

    欧州陸連が提案した世界記録白紙案が波紋を呼んで一部炎上しています。 果たしてどういう経緯でこのよう…
  4. 2017-8-30

    京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応まとめ

    今月初め、iPS細胞を新薬の開発に使う「iPS創薬」が実用段階に入ったことが報じられた。 京大iP…
  5. 2017-6-1

    ACL浦和済州戦でエルボー乱闘はなぜ起きた?反応まとめ「良い試合が台無し」「普通の状況ではない」

    サッカーのACL(AFCチャンピオンズリーグ)決勝トーナメントで、浦和済州戦で、延長の末、劇的な勝利…
  6. 2017-10-1

    「排除の論理」は希望の党の最新支持率を変えるか?反応まとめ「徹底した選別を」「独裁者の手法だ」

    小池代表の民進党リベラル「排除の論理」に、「希望者全員受け入れ」を前提に合流を決めたはずの民進党前議…
  7. 2017-10-5

    ベーシックインカム希望の党公約案が炎上!反応まとめ「メリットは?」「ただの人気取り」「スーパーリベラルな政策」

    希望の党の衆院選公約の原案に、生活に最低限必要なお金を全国民に支給する「ベーシックインカム」導入が組…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。