北朝鮮挑発でアメリカ先制攻撃の最も危ない週へ!反応まとめ「北朝鮮は一線を越えてる」「在日米軍基地への核攻撃も」

緊迫の度を増す北朝鮮情勢が、北朝鮮の重要記念日を含む最も危ない週に入って来た。
果たして、北朝鮮の挑発があった場合、シリアで行ったようなアメリカの先制攻撃の可能性はあるのか、
そのとき日本への影響は?反応もまとめた。

北朝鮮挑発でアメリカ先制攻撃の最も危ない週へ!反応まとめ

米政府は海軍の原子力空母カールビンソンを朝鮮半島に近い西太平洋に派遣すると発表した。
シンガポールに寄港していた米原子力空母カールビンソン率いる空母打撃群は豪州に向かう予定を変更した。
さらに、誘導ミサイル駆逐艦スレットを含む水上戦闘群も米西海岸サンディエゴ基地から出航しており、
空母カールビンソンに合流するとみられている。

最近の関連する出来事と今後の予定は以下である。

3月1日 米韓合同軍事演習開始される。史上最大規模で、米原子力空母カールビンソンが参加した。
4月5日 北朝鮮が弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射した。
4月6日 安倍首相との電話会談で、トランプ大統領は、北朝鮮に対し、
「(軍事行使を含む)全ての選択肢がテーブルの上にある」と伝えた。
4月6日~7日 米中首脳会談が行われた。トランプ大統領と習国家主席は北朝鮮の核開発が「深刻な段階に達した」との認識で一致、
さらにトランプ大統領は中国が協力しないなら単独行動も辞さない考えを習国家主席に伝え、核開発阻止に向けた行動を迫った。
4月7日深夜(現地時間) アメリカがシリアのシャイーラート空軍基地を巡航ミサイルで攻撃
4月11日 北朝鮮・最高人民会議第13期の第5回会議、金正恩第一書記就任3周年
4月13日 金正恩国防委員長就任3周年
4月15日 太陽節 金日成(キムイルソン)主席誕生日
4月24日 米韓合同軍事演習終了
4月25日 建軍節 朝鮮人民軍創設記念日。

北朝鮮がこれまで、しばしば挑発を行ってきた重要記念日を含む政治的な行事が、
今週から来週にかけて目白押しであり、特に4月15日の太陽節(金日成誕生日)が注目される。

トランプ大統領は、北朝鮮への軍事攻撃もありうることを安倍首相や、習主席に公言しており、
これ以上北朝鮮が何らかの挑発を行った場合に、シリア攻撃と同様、果敢に攻撃命令を下す可能性がある。

<米国がこの時期に北朝鮮に先制攻撃を行う可能性が高い理由>
1.米韓合同軍事演習が4月24日に終了するまで、朝鮮半島に空母群も含め米国の軍事体制が整っている。
2.5月韓国選挙で新しい大統領が誕生してからでは、大統領が親北朝鮮政策を取る可能性があり、
北朝鮮との対話が動き出すかもしれない。そうなると北朝鮮を攻撃しにくくなる。
また、THAADの扱いが変わる可能性もある。
3.北朝鮮に、もし挑発すれば、シリアへの巡航ミサイル攻撃など現実に軍事攻撃がありうることを、十分警告した。
シリア攻撃後、「他国が最後の一線を越えた場合、行動に移す」と警告している。

<もし、アメリカの先制攻撃があった場合の日本への影響は?>
北朝鮮の反撃が、在日米軍基地に向かう可能性が高い。
以前アメリカが北朝鮮への先制攻撃を思いとどまった際は、ソウルが火の海になることを心配していたが、
現在は、核、ミサイルを含む軍事力は当時とは比べられないほど、増強されており、
アメリカも北朝鮮が反撃できないほどすべての基地を攻撃できる情報を持ち合わせていないと言われている。
また、日本の迎撃防衛システムで、攻撃されたすべてのミサイルを防御できるとはとても思えない。

北朝鮮挑発でアメリカ軍事介入へに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
まだまだ本気で心配している日本人が少ないように思える。

アメリカの先制攻撃に対し、北朝鮮が同胞の韓国を攻撃するより、日本の米軍基地を叩くことを選択する可能性は十分ありうると思われる。
我々日本人は、危ない週をじっと首をひっこめて通り過ぎることを待つしかないのだろうか?

我々日本人の命運が、金正恩の思いつきとトランプ大統領の判断にかかっているかと思うと、恐ろしく、またやりきれなくなる。

■関連記事
中国が北への原油供給制限決断か?現地報道を抄訳した!反応まとめ
米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ「小さい国なら滅ぼせる」「火の粉がふりかかるのは日本」

4月6日米中首脳会談でトランプは対北朝鮮制裁を要求!反応まとめ「先制攻撃も排除しない」「残り時間はもうない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生への韓国の反応「詐欺師と詐欺師の対決でろくでなしが勝った」「韓国も自国保護に転換を」「外交のためにヒラリーを選ぶべき」

    トランプ大統領がまもなく誕生する。 メディアでは90%ヒラリー勝利と報じられていたが、まさかの展開…
  2. 2017-5-25

    菅官房長官が国連の共謀罪書簡に「背景あるのでは」どう思う?反応まとめn

    5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  3. 2017-4-7

    シリアに米軍が巡行ミサイル!海外の反応「トランプが立ち上がった」「オバマが残した問題を片づける」

    4月6日、シリアに米軍が巡航ミサイルを発射し、アサド政権への軍事攻撃を行った事が米メディアにより報道…
  4. 2017-3-30

    てるみくらぶの内定者救済申し出たJALFとは?反応まとめ「私なら受けない」「人材不足なのでは?」

    3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  5. 2016-10-2

    松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

    松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。 結果は大乱調...。甲子園のヒーローでそ…
  6. 2017-8-23

    マクレガーvsメイウェザー戦のルールは?反応まとめ「パンチあたらないでしょ」「4ラウンドで決着」

    来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  7. 2017-1-22

    反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

    アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。