幸運のイルカ、富士山に現る!?幸運のシンボルの登場に国内各地から喜びの声。

2018年1月15日早朝、富士山の横に黄金に輝くイルカ雲が出現しました。
日本のシンボルである富士山の横に、幸運のシンボルであるイルカが出現した事にネット上では喜びの声が多数上がっています。

富士山には普段より様々な形をした雲が現れています。

代表的なものでは、富士山に帽子のように被さる「笠雲」がありますが、今回は富士山に突如現れたイルカさんについて反応を見ていきましょう!

富士山横に出現したイルカさんの正体は「つるし雲」

実は富士山横(東側)に現れたイルカさんの正体は「つるし雲(吊し雲)」と言う雲だったのです。
つるし雲とは、地形の影響を受けて生じた山岳波によって発生するレンズ雲の一種で、他にも、ロール雲、ローター雲、巻き雲などと呼ばれています。

富士山のような独立した山に現れることが多く、数層のレンズ雲が重なって独特の形状をしています。

 

富士山近くのイルカさん目撃情報

富士山が見える、静岡県、山梨県内では多数のイルカさん目撃情報が上がっています。
肉眼で見られた方はとってもラッキーですね!

目撃された方がたくさんの投稿をされていますので、見ていきましょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

最初はイルカの形ではなかったようですが、時間が経つにつれて形を変えて行き、どんどんイルカさんになっていきます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

イルカさん以外にも!世界各地のつるし雲

イルカさんの正体であったつるし雲は自然の創作物である為、富士山だけでなく、条件が揃えば世界各地のどこにでも出現します。
過去にはUFOの形をしたものや、ソフトクリームのような形をしたものなどが多数目撃されています。

https://platform.twitter.com/widgets.js
その中でも今回のイルカさんはやはり珍しいですね!

 

雨の前触れ、地震との関連性

このようにつるし雲は珍しい形をしたものが多いことから、見かけるとラッキーと言う印象を持ちますが、実はつるし雲は悪天の兆しとも言われています。

つるし雲が発生する条件として①上空に湿った空気が存在する、②上空の風が強い と言ったことからつるし雲は悪天の予兆と言われているのです。

https://platform.twitter.com/widgets.js
また、地震予知などとも囁かれていますが、つるし雲と地震との因果関係は今のところ解明されていません。

 

今後のイルカさん~富士山を旅立ち~

つるし雲は悪天の兆しと言われていますが、今回、自然のいたずらによって現れたイルカさんは、日本中に幸せを運んできてくれました。

富士山を旅立ったイルカさんは、この後どこに旅して、人々に幸運をもたらすのでしょうか。

皆さんの近くにもイルカさんが現れるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-10-9

    データ改ざん事件を神戸製鋼が三度も!なぜ?反応まとめ「恥ずかしくないか?」「日本の物づくりの危機」

    神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  2. 2017-5-3

    tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

    5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換し…
  3. 2017-6-8

    36万ベクレルの内部被曝の影響とはどのくらいか?反応まとめ

    茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員4人が被曝(ばく)した事故で、 原…
  4. 2017-9-10

    ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOのコメントと海外の反応「クラドラス後の腫れあがった顔で完了していた」「ターミネーターと戦っていたな」

    ロマゴンvsシーサケットの再戦は衝撃的なロマゴンのKO負けとなった。 あのロマゴンが大の字で起き上…
  5. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」n

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
  6. 2017-1-16

    飲食店全面禁煙で居酒屋はどうなる?反応まとめ「あり得ない」「分煙で十分」

    ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…
  7. 2017-5-6

    北朝鮮発表「金正恩狙う米韓の計画摘発」は本当?詳細は?反応まとめ「妄想が一段と派手に」「かなりビビッてるんだろう」

    北朝鮮の治安組織(秘密警察)・国家保衛省は5日、「米国と韓国の情報機関が最高首脳部(金正恩)を対象に…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。