日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では
世界トップレベルの科学研究国の地位から陥落する危機にあると英科学誌ネイチャーが警告し、その3つの原因を指摘した。

日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

英科学誌ネイチャーによれば、日本はトップサイエンス国にもかかわらず、
その科学論文の掲載数が過去10年間で失速してしまった(Striving for a research renaissance Nature 543, S7 (23 March 2017)より)

日本の科学論文掲載数の現状

2005年~2015年 科学論文掲載数
中国 Web of Science(WoS)  300%近く増加
Scopusデータベース   180%近く増加
日本 Web of Science(WoS)  600件減少(1%以下の減少)
全体に占めるシェア 8.4% → 5.2%
the Nature Index      (2012年から2016年で)全体への寄与が19.6%減少
米国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。
英国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。

中国の急速な成長は、日本が世界の科学生産のシェアを失っていることを意味しており
日本は英米と比較しても、科学論文掲載数の絶対数が落ち込んでいる。

3つの原因(日本の学者、研究管理者、政策立案者、閣僚における懸念点)
1. 長期的な景気停滞のために、科学に対する政府の支出が2001年以来横這いにとどまっている。
2. 資金の大部分は、国内のトップクラスの研究大学の国際的地位を高めるために集中的に使われている。
3. 若い研究者の永久雇用の機会が少なくなっている。

日本は現在のところ世界の科学指導者の中にとどまっていて、高い品質の科学への貢献に基づいて、
2016年の自然指数で5位にランクされている。

しかし、今後の10年間で日本が論文掲載数を増やすことができず、質の高い科学を育てることができなければ、
世界トップレベルの研究国としての地位を失うリスクがある。

ネイチャーの記事に対する日本のネットの反応を見て、最後にこの問題をまとめましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-29

    井上尚弥の対戦相手アントニオ・ニエベスの戦績と評価は?放送予定と反応まとめ

    ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥が米国のデビュー戦で、アメリカのアントニオ・ニエベ…
  2. 2017-3-2

    アッキード事件とは?ロッキード事件との共通点はあるの?反応まとめ

    今回の森友学園の件をアッキード事件表現した山本太郎氏が注意を受け、安倍首相もこの発言に対して遺憾の意…
  3. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  4. 2017-3-31

    「忖度」が2017の流行語大賞に!?反応まとめ「言葉覚えたての子供みたい」「ゲシュタルト崩壊しそう」

    森友学園の籠池理事長の国会証人喚問で一躍有名になった「忖度(そんたく)」という言葉。 2017年の…
  5. 2017-8-6

    沖縄米海兵隊所属のオスプレイが豪で墜落3人不明!米軍発表のmishap(軽微な事故)とは?反応まとめ

    オーストラリアの米海兵隊公安局は5日午後、オーストラリア東部沖で同隊所属の新型輸送機MV-22オスプ…
  6. 2017-8-23

    相次ぐ事故で第7艦隊司令官を解任へ!原因は?反応まとめ「驚きのできごと」「稲田前防衛相が笑顔で・・と大きな違い」

    第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  7. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。