日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では
世界トップレベルの科学研究国の地位から陥落する危機にあると英科学誌ネイチャーが警告し、その3つの原因を指摘した。

日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

英科学誌ネイチャーによれば、日本はトップサイエンス国にもかかわらず、
その科学論文の掲載数が過去10年間で失速してしまった(Striving for a research renaissance Nature 543, S7 (23 March 2017)より)

日本の科学論文掲載数の現状

2005年~2015年 科学論文掲載数
中国 Web of Science(WoS)  300%近く増加
Scopusデータベース   180%近く増加
日本 Web of Science(WoS)  600件減少(1%以下の減少)
全体に占めるシェア 8.4% → 5.2%
the Nature Index      (2012年から2016年で)全体への寄与が19.6%減少
米国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。
英国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。

中国の急速な成長は、日本が世界の科学生産のシェアを失っていることを意味しており
日本は英米と比較しても、科学論文掲載数の絶対数が落ち込んでいる。

3つの原因(日本の学者、研究管理者、政策立案者、閣僚における懸念点)
1. 長期的な景気停滞のために、科学に対する政府の支出が2001年以来横這いにとどまっている。
2. 資金の大部分は、国内のトップクラスの研究大学の国際的地位を高めるために集中的に使われている。
3. 若い研究者の永久雇用の機会が少なくなっている。

日本は現在のところ世界の科学指導者の中にとどまっていて、高い品質の科学への貢献に基づいて、
2016年の自然指数で5位にランクされている。

しかし、今後の10年間で日本が論文掲載数を増やすことができず、質の高い科学を育てることができなければ、
世界トップレベルの研究国としての地位を失うリスクがある。

ネイチャーの記事に対する日本のネットの反応を見て、最後にこの問題をまとめましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-29

    時差ビズの参加企業数とその効果どうなる?反応まとめ「ただの早出にならなければいいが」「定着するかなあ」

    この夏、快適な通勤を可能とする「時差Biz」(じさビズ)が東京都で実施されます。 いったいどんな制…
  2. 2017-6-17

    アマゾンが米高級スーパーチェーンを買収!なぜ?反応まとめ

    ネット通販の米アマゾンが自然・有機食品小売り大手の米高級スーパーマーケットのホールフーズを137億ド…
  3. 2017-7-2

    シャリ食べ残しする理由にショック!反応まとめ「SNSにあげてはいけない」「粗末にしすぎ」

    回転すし店などでネタの部分だけ食べてシャリを食べ残すという人が増えているようです。 せっかく寿司を…
  4. 2017-7-12

    たけしの家庭の医学「皮付きピーナッツは認知症予防に有望」は本当?世の情報を調査し、反応をまとめた!

    認知症の原因の一つとされる脳のゴミ(アミロイドベータ)を捨てる力を増すのに、「たけしの家庭の医学」で…
  5. 2016-12-1

    OPEC原油減産を合意!なぜ?反応まとめ

    OPECは30日、ウィーンでの総会で、低迷する原油価格の押し上げに向け 日量120万バレル規模の原…
  6. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  7. 2017-3-26

    稀勢の里強行出場で優勝した取り組み動画とその反応「相撲で初めて泣いた」「ずっと応援する!」

    久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。