昌子源の海外の反応 「ロナウドとの1対1は凄かった」「海外に来てくれ!」

FIFAクラブワールドカップ決勝にて、日本の鹿島アントラーズは惜しくもレアルマドリードに敗れてしまいました。
しかし、昌子源の活躍に世界は驚いたことだと思います。
今回は、昌子源についてや、彼への海外の反応を見ていきましょう。

昌子源の評価と海外の反応

昌子源とは?

昌子源は鹿島アントラーズに所属する24歳のセンターバックです。
神戸で生まれ育ち、ガンバ大阪のユース等を経て2011年に鹿島アントラーズに入団しました。

実は高校に進学するまではポジションはフォワードで、高校時代に監督によってセンターバックにコンバートされました。
そして、鹿島アントラーズでは2014年リーグ戦全試合出場によりJリーグ最優秀選手賞を受賞。
2016年はリーグ優勝に貢献してチームに貢献しました。

日本代表では今のところ目立った活躍はありませんが、今回のレアル戦での評価により出場機会が増えるかもしれません。

FIFAクラブワールドカップでの活躍

今回のクラブワールドカップでは、決勝までの3試合はもちろん、決勝での活躍が特に印象的でした。
決勝のレアル戦で、あのC.ロナウドのドリブル突破を何度も防ぎ、ボールをカットすることでチームの脅威を未然に排除するシーンがたくさんありました。

C.ロナウドはメッシと並び世界最高のフットボーラーと称され、世界最優秀選手賞のバロンドールを4度も受賞している選手です。
そんな世界最高峰の選手のドリブルをまさか日本の選手が何度も止めることになるとは世界中のだれも予想していなかったことだと思います。

良質なセンターバックが不足している日本代表にとってもこれは大きいことで、
代表監督のハリルホジッチは眼を輝かせながら試合を見ていたことでしょう。今後の昌子源の活躍には期待できると思います。

続けて海外の反応を見てみましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-1-27

    ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

    ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標権を大阪府内の無関係の企…
  2. 2016-10-2

    松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

    松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。 結果は大乱調...。甲子園のヒーローでそ…
  3. 2017-6-21

    木村拓哉の愛車サリーンS7等について調べてみた 事故の反応まとめ

    6月20日に元SNAPの木村拓哉さんが東京・調布市で車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突する事…
  4. 2017-4-25

    今村復興大臣辞任理由と過去の失言集 反応まとめ「これは擁護できない」「前回は記者にも問題があったが今回はダメ」

    4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  5. 2016-10-2

    消費者庁、初のトクホ取り消し事件で健康食品各社へ商品調査を要請!!その意味と反応まとめ

    消費者庁は、日本サプリメントに関する初のトクホ取り消し事件に関連して、トクホの全商品について、 有…
  6. 2017-7-30

    ヤマカガシ小5男児がかまれたという毒蛇とは?

    小学5年の男児がヤマカガシとみられる毒ヘビにかまれ重体とのことです。 都会ではあまり知られていない…
  7. 2017-2-27

    アマゾンにヤマト運輸が限界!でも撤退したら影響は?「行き過ぎのサービスを再考すべき時」

    2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。