第2クールいよいよ放送開始!原作ファン納得のクオリティで描かれる2018年冬アニメ「魔法使いの嫁」を徹底解説!

濃密な世界観で描かれる、「魔法使い」を別の視野から象った作品

「魔法使い」と聞くと、「おジャ魔女どれみ」のような和気藹々とした日常生活ものから、「魔法少女まどか☆マギカ」のようなえげつない設定の中で描かれる作品まで、その描写の仕方は様々です。今回紹介する「魔法使いの嫁」は、そんな多作品に展開する「魔法使い」の描き方を大きく変えた新感覚の物語です。

2016年のドラマCD発表以降メディアの露出が多くなっていき、同年にOVA、そして2017年にアニメ1クール目の放送が行われ、継続で2018年冬アニメに登場するこちらのアニメ。12話の構成とは思えないしっかりした骨組みでストーリーが展開し、1話1話がどれも惹き込まれる内容で休み場所を忘れてしまうほどの中毒性を感じさせる作品に仕上がりました。記事でも紹介していますが、歌唱力の高さを再認識させられたJUNNNAさんによるOPの「Here」も、本作を盛り上げる大きな要素の1つとなりました。

今から見ても楽しめる「魔法使いの嫁」をさらに楽しめるように、この記事ではこれまでのあらすじやアニメの人気ポイントを振り返り、第2クールへの期待を高めていきたいと思います!波乱の展開を見せる第2クールに備えて、是非ご活用ください!

魔法使いの嫁 第1クールのあらすじ

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

主人公・羽鳥智世(はとり ちせ 以降智世)は、生まれつき人ならざるものを見ることができる能力を持ち合わせており、それが原因と思われる周囲の冷遇や母親の自殺、身内の行方不明といった様々な要因が折り重なり、孤独に疲れ果て生きる価値を見失っていました。

そんな中、その才を見出され人身売買にかけられることになり、自身も同意の上で向かったその先では、後に自身の師匠(兼旦那)にあたるエリアス・エインズワース(以降エリアス)に日本円にして約7億円という巨額で競り落とされてしまいます。

彼の目的は、智世の生まれ持つ才能「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」にあり、イングランドにある自宅に部屋を与え、食事や着るものまで、競り落とされたとは考えられない優遇ぶりを見ます。その折、自宅でメイドとして働くシルキー(エリアスには銀の君と呼ばれている)や、武器屋を表向きに魔法触媒を売買しているアンジェリカ・バーレイ、エリアスの監査役にあたる神父のサイモン・カラム、竜の国で森の監視を行うエリアスの師匠・リンデルといった様々な人物と触れ合うことで、智世の本来居るべき世界や生きる価値を少しずつ見つけなおす機会につながっていきます。

彼女の成長はそれだけではありません。魔力の制御を十分に行えなければ3年と持たない体であると聞かされて以来、制御をしつつも魔力を有効活用できるよう様々な取り組みを続けています。

また作中では、死してもなお飼い主のことを想い続け墓守犬と化してしまったユリシィの心と共鳴し、彼に「ルツ」という名を与えて使い魔の契約を交わすなど、魔法使いとしても徐々にその才覚を育んでいます。

またエリアスにも変化が。本来であれば智世は「飼い慣らすだけで十分だ」という軽い考えしか持っていなかったはずが、周りからは「過保護」「父親風情」と言われるほど、智世のことになると周りが見えなくなるほど感情豊かになるように。

その反面、自身の本来の姿や過去の出来事を話したり知られたりすることを強く恐るようになります。そのことを悟ったリンデルが智世だけを竜の国に呼び出し、杖作りという銘で過去のエリアスの話を聞かせるなど、周りに知らず知らず気を遣わせる面も伺えます。

心の拠り所を見出した智世、深入りすることを恐れて踏み込めないエリアス、2人の魔法使いとしての成長はどこまでも果てしなく続きます・・・。

OPにも注目!第1クールOP「Here」を歌手・JUNNAさんが担当!

魔法使いの嫁の魅力の一つが、OPの楽曲の良さにもあります。OP「Here」を歌ってくださったのは、歌手のJUNNAさん。さんという名前をお聞きになったことはあるかと思いますが、ここで少しご紹介させていただきます。

JUNNAさんの完全なシングルデビューはこの曲からとなりますが、元々はアニメ作品「マクロスΔ」内の音楽ユニット「ワルキューレ」のメンバー、美雲・ギンヌメールの歌唱パート役としてデビューを果たしました。当時15歳であったにも関わらず、そのパワフルな歌唱力と細かな表情や仕草によるライブパフォーマンスも相重なり、絶大な人気を勝ち取りました。

今作「Here」では、智世の心情とエリアスの心情を、1番と2番の歌詞でそれぞれ歌い分けがされていて、感情を込めて歌ってくださってるのを(素人の筆者観点ですが)強く感じる楽曲でした。様々な音楽配信サイトにて週間ランキング1位を連発。さらにオリコンチャート初発14位という高スタートを切り、アニソンという幅では収めきれない名曲であることを認識させてくれる結果となりました。

第2クールではOPが変更され、May’nさんが歌う「You」という楽曲が使用されるようです。May’nさんも「マクロス フロンティア」において歌唱パートを担当されていた点がJUNNNAさんとの共通点となっていますね。新旧マクロス歌手によるOPチェンジ・・・なんだか胸熱です!

ここがすごい!アニメ版「魔法使いの嫁」が楽しめる3つのポイント!

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

原作でもその世界観が高い評価を得ましたが、それはアニメにもしっかり引き継がれていて、序盤でお話したとおり「原作ファンでも楽しめるアニメ作品になっています。

これはとても重要な点で、原作ファンをがっかりさせたアニメは大体残念な仕上がりになってしまうことが多いでのですが、その点をしっかりカバー出来ているのは評価が高いのも頷けますね。さて、そんなアニメ版「魔法使いの嫁」を、初心者でも楽しめる3つのポイントに分けてご説明させていただきます!

 

1イングランドの綺麗な風景を細かく描かれた背景描写
筆者はストーリーのまとまりも大事だと思っていますが、何より作画が崩れてしまうと話に集中できなくなるのは誰しもが感じることだと思います。しかし、「魔法使いの嫁」のこれまで放送された12話の中で特段大きな作画崩壊は見られず、コメディタッチを含め高クオリティを維持し続けられています。

さて、作画といっても様々な分野がありますが、その中でも注目したい点は背景作画です。イングランドといえば、日本ではあまり見られない山の中の神秘的な湿帯地方や、花が綺麗に咲き誇る町々の風景、風が吹けばそよぐ木々の細かな揺れにも配慮がされていて、その中を生き生きと動くキャラクターたちに華を添えています。最新話の紹介になってしまいますが、12話で智世が竜の国からエリアスのもとへ戻るまでの風景は息もつかぬ程の美しさでした・・・。機会がありましたら、ぜひ12話をチェックしてみてください!

 

2重い世界観を良い意味で飽和させる、優しい人間関係
「魔法使いの嫁」の世界観は、お世辞にも生易しいものとは言えません。登場するキャラクター1人1人にも魔法使いとして、人間として、妖精としての悩みがつきものですし、なにより智世には寿命宣告がされてるような状況にありますので、本来なら重々しくドロドロした雰囲気になってしまいがちでしょう。

そうならず、むしろライトなユーザーにも愛される作品になったのは、登場するキャラクターみんなが前向きに今ある世界を生きていること、なにより主人公である智世を大事に思ってくれる世界であることを認識させるような描写が多数用意されているという点です。これまで救いがなく、得られないと思っていた物が溢れるほど入ってくるようになった智世にとっては、まだまだ理解できなかったり「自分自身が欲しがるようになってしまった」というほど鈍感だったりする面もあるので、これらのギャップが重なって智世の成長物語として楽しめるようになっています。

 

3むず痒くもどかしい、智世とエリアスの関係性
2人の関係性の変化にスポットが当てられている話も多く、やはりアニメ化されてもこの点はしっかり描写されています。

最初の頃は生きる希望も活力も失い、自暴自棄になって競売に身を投げた智世。何かが欠けていたせいか、智世を大切にしているのかしていないのかわからないほぼ無感情な状態が続いたエリアス。この2人が大きく歩み寄ったことで物語は進展していきます。

智世がどのように問題と対峙していくのか、それを見るエリアスにどんな変化が見られるのか、そういった点に注目しながら2クール目を見てみるのもいいかもしれません。

ただ・・・発表された2クール目のPV映像が穏やかじゃないんですよね・・・。

まとめ

キャラクターの成長を楽しむ経過録としても、見知らぬ世界でのハラハラドキドキな気持ちを楽しめる冒険録としても、智世とエリアスの距離の縮み具合を確かめるラブストーリーとしても楽しめる、全ての要素を混ぜ込んだ魔法使いの嫁。男性でも女性でも楽しめること間違い無しの作品です!

今後のアニメ放送は原作を追い越しての放送となるため、原作ファンでさえも予期しない出来事が起きるかもしれません。詳しい情報はこちらのツイートをご確認ください。

https://platform.twitter.com/widgets.js

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-3-9

    ラーメン二郎仙台店が二度と来るなツイート炎上に考える客と店のマナー 反応まとめ

    美味しいことで人気店のラーメン二郎仙台店が思わず、お客の態度に対して本音をツイートしたところ 賛否…
  2. 2017-7-14

    香害110番に賛否両論!反応まとめ「電話受けて何が出来るの?」「体臭口臭よりマシだが」

    香りが原因で苦しんでいる人の相談を受ける「香害110番」を日本消費者連盟が設置したことに対して賛否両…
  3. 2017-7-27

    7月27日が北朝鮮ICBM発射の危険な日である4つの理由!反応まとめ

    7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 2017-7-18

    世界水泳2017シンクロ井村雅代コーチの凄腕再び?反応まとめ「このハゲ~っ!のヒトとの違いに、けっこう悩む」「結果が出てるのがすごい」

    世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. 2017-7-16

    「ラジオ体操は日本人のDNAに」の小池都知事発言が炎上!なぜ?反応まとめ

    小池都知事が7月14日の定例会見で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、「都民の皆さ…
  6. 2017-6-14

    卓球ジャパンオープン2017で水谷張本の日本男子勢は中国の壁を打ち破れるか?日程と放送予定は?

    日本選手大活躍のドイツでの世界選手権に引き続き、東京で、卓球ジャパンオープン2017が開幕しました。…
  7. 2017-5-13

    国連委員会が慰安婦合意再交渉を勧告した理由は?炎上まとめ「潘基文の影響?」「日本の外交下手のせい」

    国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が2015年に日本と韓国で慰安婦問題に関してされた合意に対して…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。