2017年のトレンド!いまさら聞けない「Nintendo Switch」について徹底解説!

今年マリオオデッセイでも大ブレイク!ネット流行語にも選ばれた「Nintendo Switch」

先日発表された「ネット流行語大賞」。その栄えある金賞に選ばれたのが「Nintendo Switch」(以降Switch)でした!今では新作ソフトのCMのみならず、あらゆる情報番組やクイズ番組、お堅いイメージのニュースにさえも登場するほどの話題ぶりを発揮していて、名前だけは聞いたことがある!という方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、実際に周囲の人に聞いてみると「なんかすごいゲーム機なんだよね」という情報くらいしか知らないという人もちらほら。周囲の話題に出ていても、なかなか内容についていけない場面に遭遇することもきっとあるはずです。

そこで今回は、Switchがどんな機種なのかを徹底分析して紹介させていただきます!NSと並んで話題になっている「Playstation 4」との関連性や、今後発売される予定の話題タイトルもあわせて紹介していきます。みんなとの会話に乗り遅れないように準備しておきましょう!

 

Nintendo Switchって、どんなゲーム機なの?

まずは、Switchの基本的な情報を押さえておきましょう。

株式会社任天堂が、2017年3月3日に発売したハイブリッドゲーム機。最大の特徴は「いつでも、どこでも、誰とでも」というキャッチコピーにあるように、家ではテレビゲーム機として、外では携帯型ゲーム機として、更には外に持ち運べるモニターとして最大限に活用できる、まさにハイブリッドな活用方法ができてしまうゲーム機なんです。

家では据え置き型として「Nintendo Switch ドッグ」(以降ドッグ)をテレビにつなぎて遊ぶTVモードとして遊びます。外に持ち出すときにはドッグから画面だけを取り出し、画面両サイドにJoy-Conを差し込む携帯モードや、2つのJoy-Conを分離しモニターをテレビ画面代わりにして遊ぶテーブルモードとして遊べます。

もうひとつの大きな魅力が、これまで任天堂が売り出してきた様々なゲーム機のノウハウを進化させた機能がSwitchに全部織り込まれているという点です。リモコンであるJoy-Conは、物の動きを読み取って操作できるカメラを搭載。3DSやwii Uにもあるタッチ画面はより高精細になり、画面の粗さを抑えました。

進化し続けるゲーム画面の画質も、上質な60fpsを安定させることに成功(TVモードの場合)。内蔵メモリも初期段階で32GB積み込むなど、ユーザーの不満点を解決しつつさらに満足度を高めるための精進を感じさせる、まさに任天堂の集大成とも言えるゲーム機に仕上がりました!

 

 

 どんなゲームソフトがあるの?

発売開始からまだ9ヶ月と実歴は浅いものの、様々な会社が発売をこぞって発表し、今となってはラインナップも豊富になりました。その中でも、今年発売されたソフトの中で特に人気の高い3タイトルをご紹介いたします。

1・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(2017年9月現在、世界累計588万本)

難しくも爽快感のあるアクションゲームと、考えるたびにスッキリする謎解き、そして感動するストーリーのマッチングで毎作多くのユーザーをうならせる「ゼルダの伝説」シリーズ。その最新作である今作は、ゼルダ至上最大のボリュームをマークしたオープンフィールドやコレクションアイテム、より難しくなったアクションゲームに、神秘的な世界観で広げられるストーリーで、全世界のユーザーから高い評価を受けました。WiiU版との同時発売でしたが、画質が高く、より直感的に操作できるSwitch版の人気をさらに強く感じさせました。

2・スプラトゥーン2(2017年9月現在、世界累計156万本)

WiiUにて発売されていた初代スプラトゥーンのチューンアップバージョン。様々な武器を持ったマイキャラを操作して、相手チームよりも多くの建物や地面にカラーインクを塗ることができたチームの勝利という、シンプルだけで奥が深い対戦ルールで人気のゲームです。2では武器種が増加し、マイキャラのカスタマイズ性もアップ。より戦略的になったマップも増えて、やり込み量が増加しました。老若男女問わず、誰でも気軽に楽しめるチームプレイがたまらないという声が多数寄せられていて、家族が集まる年末年始には特におすすめしたいソフトですね!

3・スーパーマリオオデッセイ(2017年11月現在、世界累計279万本)

任天堂の十八番といえば、やっぱりマリオですよね。今作では世界を駆け巡りムーンを集めるという壮大な旅へ出かけることになったマリオ。「スーパーマリオサンシャイン」ぶりの箱庭を駆け巡るステージにより、さらに自由度の高い冒険が楽しめるようになった作品です。これまでのマリオの楽しさを継承しつつ、過去のプレイヤーの心をくすぐる仕掛けも数多く用意されていて、マリオファンにはたまらない究極のソフトに仕上がりました。ちなみに、世界累計の売上はわずか3日で200万本を超えるという偉業を達成。全世界で愛されていることを実感させられますね!

 

今後どんなソフトが登場するの?

発売予定に入っているタイトルの中にも、楽しめるソフトが充実しています。今回は2017年12月現在で発売予定になっているタイトルの中から、筆者が選んだおすすめの3タイトルを紹介していきます!今後購入を検討されている方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

1・VOEZ(フライハイワークス/2018年1月25日発売予定)

スマートフォンで人気のリズムゲームアプリ「VOEZ」が、Switchスペシャルバージョンで登場します!動くリズムレーン上に落ちてくるアイコンをリズムよくタップし、フルコンボを目指します。世の中に出ているリズムゲームとは異なりプレイヤースキルが問われる本作ですが、上質な音楽とイラスト、さらにスマホ向けリズムゲームを通して実績を重ねてきたフライハイワークス制作の楽しめるリズム譜面は、初心者も上級者もハマること間違いなしです!

2・リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜(コーエーテクモゲームズ/2017年12月21日)

コーエーテクモゲームズ×ガストが制作する、アイテムを作って冒険し、期日までに目標をこなす「新約錬金術RPG」の最新作であり、連番にあたる「不思議シリーズ」の3作目にあたるタイトルです。違う種類のアイテムを組み合わせて別のアイテムを作り出す「調合」、調合したアイテムやそれぞれが持つスキルを駆使してモンスターと戦う「バトル」、それぞれの世界へ赴き材料を採取する「探索」を繰り返し、主人公のリディとスール、さらに不思議シリーズの登場人物たちと絵画に秘められた謎を解いていきます。中毒性が高く、周回プレイが苦にならない遊びやすさが人気の作品です!

3・ゼノブレイド2(任天堂/2017年12月1日発売)

こちらは販売中なのですが・・・日も浅く、ぜひ紹介させていただきたく載せさせていただきました!任天堂の十八番はマリオですが、その任天堂が長期間にわたり温めているナンバリングタイトルがあります。それがゼノブレイドシリーズ(ゼノサーガとは関係ないですよ!)。道中にいるモンスターたちを倒しながら、広い世界をひたすら歩き進む王道RPGの最新作です!オートアタックと各キャラのスキルを駆使して戦う戦略性の高いバトルと、まだ見ぬ大地を進んで目印をつけていく探検気分が同時に楽しめるのが、今作の最大の特徴です。広い世界に正しい道はなく、自由な探索を通して近道を見つけたり、大空を眺めながら記念撮影したりと、自分だけの楽しみ方を見つけることもできます!

 SwitchはPS4よりも面白い?

やはり最新機種となると、ついついされてしまう他機種との比較。とはいえ、この質問に対する答えを求められると大変困ってしまいますよね・・・。多くの動画やネットの反応を見ていると、特にSwitchとPS4の愛好家達がこぞって論議を繰り広げるなど、かなりの範囲で会話がなされています。

その中でも、今回特に強く言われているのが「PS4ソフトも遊べるようになった本体の進化ぶり」です。今年発売されたソフトのなかでも、「いけにえと雪のセツナ」や「Fate/Extera」、ローチンタイトルにあたる「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」(元々は2本構成で発売)などは、本来PS4版ソフトとして発売されていたタイトルでした。ですが、それらがDLC完全収録などでSwitchに流れているところを見る限り、CPUの性能はほぼPS4と同等であると考えても良いかもしれません。

ただし、どちらかが劣っているというわけではありません。PS4タイトルである「FINAL FANTASY XV」やSwitchタイトルの「マリオカート8デラックス」など、それぞれの会社が成長させてきたタイトルで遊べるのは、もちろんそれぞれの会社が作ったゲーム機です。両方で出されたタイトルなら、個人個人のニーズに合わせて、好きな方で遊べるよう選択肢が増えて遊びやすくなった、と考える方が妥当かもしれませんね。

まとめ

今回は、今年大ブレイクしたNintendo Switchについてさまざまな情報をお届けしてきました!情報をさらに細かく説明するとさらに時間をかけることができますが・・・これだけの情報さえ知っておけば会話に困らずに済むと思います!

また、Switchは今最も売れているゲーム機で、品薄状態が続いていたり、転売屋による不正な値段のつり上げが続いているとのこと・・・。手に入れたいと思っても若干の時間を要するかもしれません。早く改善されることを心から願うことにしましょう・・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-2-11

    日米首脳会談の中国の反応「トランプ超恥ずかしい」「物理的なものが決めてだから関係ない」

    2月10日日米首脳会談において沖縄と尖閣諸島においても日米安保5条が適用されることを確認し 安倍首…
  2. 2017-9-9

    井上尚弥の海外の反応2017最新版!「ロマゴンはスパークリング相手にもならない」「モンスターだと?他国の誇大宣伝だろ」

    9月9日スーパーフライ級トリプルヘッダーにて前座とはいえ、アメリカデビューする井上尚弥選手ですが …
  3. 2017-10-5

    中国スーパーリーグが日本人選手排除の理由は?その真意と反応まとめ「東京五輪中国人優勝のため」「むしろチャンスだ」

    中国スーパーリーグから日本人をはじめとした外国人選手が締め出されることになった。 平野美宇、石川佳…
  4. 2016-10-31

    自民都連が小池都知事応援の区議7人の侍の処分保留に!!振り上げたこぶしが下ろせない?反応まとめ

    自民党東京都連は昨日の幹部会合で、都知事選で小池百合子知事を応援した 同党所属の区議7人の侍への処…
  5. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
  6. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  7. 2017-3-22

    WBC決勝の日本時間と視聴方法!反応まとめ「1日休めない分不利!」「休めないので投手の采配難しい」

    WBC決勝の日本時間と視聴方法についてまとめました。 WBC準決勝まずは延長戦の末にプエルトリコが…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。