4月25日に北朝鮮が日本にミサイルの危険性が叫ばれる4つの理由!

4月15日の北朝鮮故金正成105周年では朝鮮半島の情勢が一気に緊迫しました。
結局のところ実験は行われなかったですがいまだ安心はできません。
識者の間では5月9日の韓国大統領選までに有事はあり得るという人が多いですね。
北朝鮮はなおも姿勢を強め、両国間の緊張は続いています。
そんな中Xデーのひとつとして言われるひとつに4月25日があります。
なぜ4月25日に北朝鮮が日本にミサイルを撃つ危険性があるのか?その理由について見ていきましょう。

4月25日に北朝鮮が日本にミサイル撃つ危険性が叫ばれる4つの理由!

焦点となっていた4月15日の後も警戒する重要な日がいくつかあります。
そのひとつが4月25日。そして、新月である26から27日にかけて。
新月が関係あるのは、見えないことに意味がありビンラディンに攻撃を仕掛けたのがまさに新月の日が選ばれたからです。
今回はなぜ4月25日をミサイル警戒する必要があるのか。その理由をお伝えしたいと思います。

4月25日に北朝鮮が日本にミサイル撃つ危険性が叫ばれる4つの理由

いろいろな識者が危険性を指摘しています。
もちろん、回避される可能性も大きいとは思います。しかし回避の可能性は残念ながら100%ではありません。
アメリカのやり方としても、先制攻撃はせず、相手が何か仕掛けるからという戦争する正当な理由を自分たちで作ります。
何年かに1度アメリカが戦争をするのは理由があるという話は聞いたことがあるでしょう。
基軸通貨国ならではの理由、経済的理由、武器産業界事情、などなど。
実は北朝鮮が何かをやる、というよりは、アメリカの誘導という説も強いのです。

北朝鮮としては、金王朝の存続が一番の目的でしょうが、同時に国民に対する尊厳を見せつけることも必要です。
自分たちで国民を高揚させて、アメリカに腰折れるような姿をさらすことは出来ません。
故意か本当か分からないミサイル失敗後の4月25日にどんな姿を国民に見せようとするのか、というところであります。
その葛藤の中にいるのが現在の北朝鮮と思われます。

理由1、 4月25日は朝鮮人民軍の創建日・建軍節である

4月25日は朝鮮人民軍が創設されて丁度85周年になります。これまで北朝鮮は国の記念行事に合わせる形で何かしらの行動を起こしており、
記憶に新しいのは2016年9月9日に5回目の核実験を実施したと国営メディアを通じて発表したことです。
この時9月9日は北朝鮮の建国記念日にあたるため、今回も記念行事に合わせる形で何かしらの行動を行う可能性があります。
ましてや軍を祝う日でありますので、前回のミサイル失敗の汚名をはらすべく、何かしらのパフォーマンスはするでしょう。

理由2、 依然として米国と北朝鮮の緊張状態は続いているという事実

これまで北朝鮮は瀬戸際外交を得意とし、何らかのメッセージ性と共に挑発行動を慣行してきました。
その結果、北朝鮮は周辺国、あるいは欧米諸国に対して何かしらの要求を通してきたわけですが、
ここに来て米国のトランプ大統領の強硬姿勢もあり、お互いに瀬戸際外交をせざる負えない状況におちいっています。

理由3、 米国原子力空母「カール・ビンソン」の存在

米原子力空母「カール・ビンソン」が朝鮮人民軍創建記念日である4月25日を前後に日本海に展開する予定であるとされています。
そのため4月25日の朝鮮人民軍創設記念日は再び朝鮮半島の緊張感が高まると予想されています。
また韓国の空軍司令部と在韓米軍の空軍司令部とが4月14日から4月28日まで大規模な合同軍事演習を実施していると発表しており、
両国間の緊張は今も高まった状態のままにあります。

理由4、5月9日までになんとかしたいアメリカ

現在、韓国の大統領選を9日に控えていますが、多くの候補者が反日、親北であります。韓国を見捨てる、という声も最近出てくるほどですが、親北朝鮮の韓国大統領が誕生すると面倒なことになるので、大統領選前になんとかしたいという考えが伺えます。

その他、4月4日に駐韓日本大使を帰任させたことが気になりますね。
このタイミングは北朝鮮絡みではないのか?ということで、何かしらあるのではないでしょうか?

 

また、なぜそれが「日本」が対象なのかというところですが、これは別記事の紹介しましたように
ソウルに20万人以上のアメリカ人がいて、一番狙いやすいのは「ソウル」なわけですが、
ソウルを攻撃した時に、反撃を食らうのが日本の青森の米軍基地と言われています。
それを織り込み済みの北朝鮮は、それだったら最初に狙うのは、反撃を阻止するため青森の米軍基地を最初に狙うこともありうる
という識者がいるためです。

4月25日は危険か?ネットの反応まとめ

ネットでも建軍節の4月25日にXデー、何かしら有事があるのではないかと懸念されています

twitter
北朝鮮は本当に核実験をする気なのか
twitter
4月15日のミサイル発射は失敗したのにまだやるの?
twitter
原子力空母を出してくるあたり本気なのか
twitter
瀬戸際外交にも限界があるみたいですね
twitter
キューバ危機みたいとは言わないけど、こんな感じだったのかね
twitter
核実験場でバレーボールって何
twitter
戦争になったら難民問題とかあるだろうし日本も何かしらの形で割りを喰うことになる
twitter
ミサイル戦争の時代なんだな
twitter
シリアにミサイル打ち込んだのとはわけが違うし大丈夫
twitter
日本の防衛は大丈夫なのかね
twitter
有事の際には拉致被害者救出を米国に要請してるらしいけど、それは本来日本がやるべきでは
twitter
中国がどう動くか・・・本当に我々(米国)がやることになるのか
twitter
北朝鮮はやりたくないのが本音。勝てる見込みがないから。でもアメリカが引き出すかもしれない。真珠湾の時みたいに

出典:twitter

もしも米国が北朝鮮と事を構える気でいるのであれば、間違いなく情報は開示されなくなでしょう。
湾岸戦争の際にも開戦したと同時に詳しい情報は開示されなくなりましたし、韓国に住む米国人に対して避難、退去を求めるような状況にはなっていません。
ですので朝鮮半島を舞台にした戦争が起こる可能性というのは今は低いとは思われます。

個人的にはアメリカの動きの方が気になります。
正直なところ、今までの戦争というのはアメリカが引き起こさせたというところがあります。
イラン戦争なんかが典型であれはほぼ証明されています。
ですので、アメリカが戦争を必要としているかしていないかの方が理由としては大きいのかもしれない、なんてことを考えてしまいます。
トランプ大統領としては、どちらの方がメリットなのでしょう。
シリアを攻撃した時に、ニュースのコメント欄が「トランプはやっと大統領になった!」と絶賛されていたことが気になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-9-12

    北朝鮮制裁決議採択に海外の反応は?「無益だ」「避けられません」

    国連安全保障理事会は11日、北朝鮮による核実験を受け、北朝鮮への石油の輸出に上限を設けることを柱とす…
  2. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。…
  3. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」n

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  4. 2017-8-15

    北朝鮮がグアムへのミサイルを中止した理由「米の対応が正しい」

    2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…
  5. 2017-7-27

    7月27日が北朝鮮ICBM発射の危険な日である4つの理由!反応まとめ

    7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  6. 2016-11-14

    スーパームーン14日の天気は最悪!ここから見て我慢か

    68年ぶりのスーパームーンが11月14日に見ることができます。最大になるのは22時52分とのこと。…
  7. 2017-8-10

    サニブラウン200m決勝自己ベストでメダル獲得か?放送予定と反応まとめ

    陸上の世界選手権の男子200メートル準決勝でサニブラウン・ハキーム(18)が20秒43で2組2着とな…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。