トランプがパソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ「スマホもダメとか言い出す?」「日米線でやられたらマジで痛い」

トランプ政権は3月の中東・北アフリカ地域発の航空便を対象としたパソコンの機内持ち込み禁止に引き続き、
携帯電話よりも大きな電子機器の機内持ち込みを禁止する措置について、複数の欧州諸国にも適用を拡大する可能性が大きいと報じられた。

トランプ政権がパソコンの機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ

トランプ政権によるパソコンの機内持ち込み禁止の理由として、パソコン内部に隠された爆発物の危険性に対処するためとしている。
「高密度の物体がバッテリーかプラスチック爆薬かどうかを判断するのは実際のところ非常に難しい」ことが理由の一つとして挙げられるとのことだ。

この対象国の拡大により、ユナイテッド航空やデルタ航空、アメリカン航空など米航空会社に影響を与える可能性がある。

米国のパソコン機内持ち込み禁止はこれまで、USへの直行便を持つロイヤル・ヨルダン航空RJAL.AM、エジプト航空、
トルコ航空、サウジアラビア航空、クウェート航空、ロイヤル・エア・モロッコ、カタール航空、エミレーツ航空エティハド航空に大きな影響を与えてきた。

また、同時に貨物室での電子機器のリチウム電池が発火するリスクについて、対策を再検討しているとのことだ。

3月での処置とその影響は以下であった。
3月21日、米国は、武装グループが爆発物を電子機器に隠して持ち込もうとしているとの報道を踏まえ、
イスラム教徒が多く住む中東や北アフリカ諸国の一部空港を出発する航空機内への電子機器持ち込みを制限した。

空港はエジプトのカイロ、トルコのイスタンブール、クウェートのクウェート市、カタールのドーハ、
モロッコのカサブランカ、ヨルダンのアンマン、サウジアラビアのリヤドとジェッダ、アラブ首長国連邦のドバイとアブダビである。

携帯電話よりも大きな電子機器としては、タブレット端末や携帯DVDプレーヤー、ラップトップ、カメラなどで、
機内持ち込みは禁止され、預け入れ荷物とすることが義務付けられる。

英国も、中東6カ国からの航空便で携帯電話よりも大きな電子機器のメーンキャビンへの持ち込みを制限した。

英国の制限は、トルコ、レバノン、ヨルダン、エジプト、チュニジア、サウジアラビアからの直行便に適用された。

国際民間航空機関(ICAO)は、アラブ首長国連邦、エジプト、その他の国々が、
航空会社が不当に罰せられたと不満を表明している。

その他、新たな処置に対し、解決する必要のある問題には、空港での混乱を最小限に抑えるため、
新しい禁止事項を乗客によく伝える方法がある。
運用面では、米国行きのフライトのオンラインチェックインを停止するとか、
ターミナルのそれ専用の場所から出発することなどの措置が検討されている(以上Reuter参照)。

この処置の背景としては、PC等に仕組まれたテロ対策と、
それに付随してリチウムイオン電池による発火事故対策の両面があるようです。

ただ、リチウムイオン電池が貨物室で発火することを心配するなら、
キャビンでない貨物室で、仕組まれた爆弾が爆発する危険の方が大きいのではと思われます。

テログループの「爆発物をパソコンなど電子機器の内部に仕掛ける新たな技術を取得」との追いかけっこで、
処置がどんどん厳しくなる
印象ですが、安全のためには仕方ないのでしょう。

テログループは、より高度な検査機器を開発しても、またそれをかいくぐる技術を開発するのでしょうか?
北朝鮮と言い、どうしてそれほどまで技術レベルが高いのでしょう?

パソコンの機内持ち込み禁止についてネットの反応をまとめます。

パソコンの機内持ち込み禁止に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本発の航空機に適用されるのも時間の問題のように思われます。ますます、一般人の生活に危険と不便さが忍び寄ってきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-4-15

    平野美宇アジア選手権優勝!海外の反応「日本の時代だ」「才能の宝庫だ」

    卓球のアジア選手権で平野美宇選手の快進撃が止まりません。 世界ランキング1位と2位の中国選手を撃破…
  2. 2017-9-24

    ベルニャエフの海外の反応最新版「オリンピックで別のメダルも取れる」「世界チャンピオンになる男」

    ウクライナの体操選手ベルニャエフの評価が海外や日本で高まっています。 リオで内村選手と僅差での銀メ…
  3. 2017-3-31

    「忖度」が2017の流行語大賞に!?反応まとめ「言葉覚えたての子供みたい」「ゲシュタルト崩壊しそう」

    森友学園の籠池理事長の国会証人喚問で一躍有名になった「忖度(そんたく)」という言葉。 2017年の…
  4. 2017-9-8

    井上尚弥戦テレビ放送は地上波でやる?録画しかないがライブを見る方法はある!

    ついに井上尚弥選手のアメリカデビュー戦となる9月9日(日本時間は10日AM10時)が目の前にやってき…
  5. 2017-4-12

    ポテトチップスが販売中止!なぜ?反応まとめ「淋しいなあ」「ないと生きていけない」

    スナック菓子の大手各社でポテトチップスの販売中止が相次いでいます。なぜでしょう? その理由は最近の…
  6. 2017-9-23

    清宮幸太郎がプロ志望届!決断したのはなぜ?反応まとめ「カープにはいかないで」「早稲田も見たかった」

    プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  7. 2017-4-24

    マクロン氏がルペン氏に勝つのは決定的と言われる理由と反応

    フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。