2017総選挙予想で自民党の敗北はあるか?反応まとめ

安倍首相の突然の解散宣言とそれに前後した小池新党への民進党の合流など大きな政治のうねりの中で、2017総選挙で自民党は敗北するかもとの予想が出ています。
果たして状況はどうでしょうか?反応もまとめました。

2017総選挙予想で自民党の敗北はあるか?

安倍首相が衆院解散というギャンブルを決断したのは、待てば待つほど選挙で勝利するチャンスを失うことを恐れた弱さの表れと評する
米メディアが報じるなど、希望の党を中心として、野党再編の動きが出る中で、安倍首相の判断ミスにより、自民敗北の現実味を予想する見方もなされています。

まず、なぜ、安倍首相は衆参両院で公明党と併せた与党で2/3以上の議席を持ちながら、あえて解散に打って出たのでしょうか?

先の「解散総選挙10月22日のメリットは7つあり!」に書きましたように、この時点での解散に7つのメリットを見たからと思われます。

1.臨時国会冒頭の解散
解散により国会はストップするため、加計学園問題や森友学園問題で、安倍首相が再び野党の追及を受ける恐れが無くなる。

2. 衆議院の3つの補欠選挙に合わせた日程となる
3連勝が安倍内閣の必要条件と言われていた衆議院の3つの補欠選挙が、総選挙に吸収されるため、
問題が無くなる。全体として戦うことで、たとえ敗れても問題を小さくできる。
また、野党共闘はますますやりにくくなる。

3.8月の内閣改造後に支持率が回復傾向にある
9月に入ってからの世論調査で、内閣支持率は支持が不支持を上回り、
8月までの結果を逆転しており、復調基調にあることが鮮明になってきた。

4.離党者が相次ぐ民進党の混乱
新代表選出で上向くと思われていた民進党に対し、山尾志桜里の不倫疑惑や、
離党者が続出などで、前原民進党への期待広がらず、低迷したままである。
解散が決まるとさらに離党ドミノが起こることさえ予想される。

5.小池新党の準備不足
都議選で見たように、民進党に代わり期待を集めると予想される
東京都の小池知事を中心とした小池新党の準備は現段階では相当に不十分な状態である。
既存の国政政党や民進党離党議員との連携することが予測されているがまだ、具体化していない。

6.北朝鮮が次々と核実験やミサイル発射し挑発を繰り返している。
有事には自民党に頼らざるを得ないという心理が働く。
また、このような危機的状況下で、政治的な空白期間を最小限とする日程となる。

7. 外交の成果
先のインドでの新幹線建設を初めとする経済、安全保障面での協力や成果、
11月に初来日するトランプ米大統領との信頼感を謳い安倍政権の外交政策での強みを訴えることができる。

しかし、現時点で振り返ってみると、4,5特に5の小池新党の準備不足との動きを見誤ったとしか言えません。
4もかえって、希望の党への合流を加速することで、小池新党にとってのメリット、自民党にとってのデメリットとなっています。

さらに6さえも、北朝鮮は安倍首相を利すると見て、案外挑発を抑えるかもしれません。
韓国のパククネ前大統領が断罪されていたころも、この機につけ込むのではなく、静観し、次の北朝鮮にとって、
よりましな指導者の誕生を待つという姿勢であった。

トランプ大統領と、親密な安倍首相が、敗北することを北朝鮮はよりましと考えて、
静観することもあり得るのではないでしょうか。

大義なき解散といわれた今回の総選挙が、希望の党の出現で否応なく、
与野党の対立軸を、消費税や原発政策などで明確としました。

今後、希望の党が寄り合い世帯の野合ではなく、小池代表が主導する新たな野党だということが、
認知された場合には自民敗北も十分あり得ると思われます。

ではこの選挙の勝敗ラインを自民党はどう見ているのでしょうか?

定数465の議席獲得目標について「自民、公明で過半数をしっかり取るのが、まず勝敗ライン」との声自民党から出ています。

定数475で争われた2014年の総選挙では、自公の与党で3分の2の317さえ大きく上回る326議席(追加公認を含む)を獲得していたのですから、
定数が10減ったとは言え、過半数233というのは、前回より84減っても勝利だという発言である。

しかし、小選挙区制のため、これまで自民-民主-自民と勝敗が大きく変わったように、負けるときは大敗するのです。

次に自民党の敗北予想に関するネットの反応を見てみましょう。

自民党の敗北予想に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

有権者も政治の目まぐるしい動きにとまどいを隠せません。

第1次安倍内閣でも、女性初の防衛相だった小池百合子が事務次官人事をめぐるトラブルを理由に就任1カ月余りで辞表をたたきつけたのが
とどめを刺したとも言われています。このあと1カ月後に安倍首相は退陣を余儀なくされることになります。

今回もめぐりめぐって同じことが起こるのであろうか?10月22日までの各党の動きから目が離せません。

■関連記事
解散総選挙10月22日のメリットは7つあり!反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-28

    藤井聡太の勝負飯一覧とうどん好きの理由

    歴代単独1位となる29連勝という記録を残した藤井聡太四段。 当日は号外まで出た脅威の14歳です。…
  2. 2016-10-1

    北方領土返還の可能性 今がベストタイミング?反応まとめ

    安倍首相とプーチン大統領の山口での会談で、70年間解決できなかった 北方領土返還、平和条約が大きく…
  3. 2017-6-2

    世界選手権エース水谷隼が13歳張本智和に敗れる大波乱!なぜ?反応まとめ

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りし…
  4. 2017-6-21

    北ミサイル避難方法CMなぜここまで?反応まとめ「Xデーが近いの?」

    北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…
  5. 2017-4-7

    フェリペ6世が出場したオリンピック種目はヨット!少年の頃の画像とその反応

    来日したスペイン国王のフェリペ6世ですが、なんとオリンピックのスペイン代表に選ばれ出場していたという…
  6. 2017-4-29

    東京メトロが北朝鮮ミサイル発射で停止対応に賛否両輪!反応まとめ

    4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  7. 2017-10-8

    日本カビの感染経路や症状は?なぜパンデミックになった?反応まとめ

    日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。