ドラクエ11の評判まとめとロトゼタシアの意味とは?

ドラクエ11が7月29日に発売されました。大人気シリーズの最新作というだけあって、発売日は朝からお店に人が殺到したようです。
ドラクエのために有給をとったことがネットでも話題になっていましたね。
そこで今回は、ドラクエ11の評判をまとめてみました!
また、今作の舞台「ロトゼタシア」の意味についてまとめていきたいと思います!

ドラクエ11の評判まとめ

7月29日、大人気シリーズドラクエの最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が発売となりました。
ファミコン時代から続くドラクエは多くの世代が手に取ったことがあるであろう王道RPGで、この記事を読んでいる皆さんも一度はプレイしたことがあるのではないでしょうか?

今回のドラクエ11は5年ぶりの新作で、発売日には各店舗に人が殺到したようです。最近はスマホゲームの台頭でテレビゲームは衰退気味でしたが、久しぶりにゲームを求める人の行列を見られてなんだか安心しました。
ドラクエが再び社会現象となればゲーム業界にとっても大きな収穫です。
スマホゲームに負けずに売り上げを伸ばしてほしいですね。

実際プレイした人の評判は以下です。

ドラクエ11面白い。やっぱりドラクエ最高!
カジノ面白すぎ、もう8時間やってる
PS4版はグラフィックとデザインがかみ合ってない気がする。3DSがオススメ
3DSもPS4も両方買った!
ドラクエやるの久しぶりだけど面白い
楽しすぎてご飯食べるの忘れてた
ボイスが全く入っていないのが好感持てる。ドラクエはこうじゃないと
感動的なシナリオが多い
ドット絵がいい感じ
しばらくはドラクエ生活
出典:twitter

ドラクエ11を早速プレイした人々の評判をまとめてみましたが
99%の人が興奮し、その世界観に満足しているようです。

問題ない評判ということで、乗り遅れた人も買ってみたくなりますね。

「ロトゼタシア」の意味とは?

ドラクエ11の舞台ロトゼタシアには深い意味があるとネットの一部で盛り上がったのですが、いったいどんな意味があるのでしょうか?
「ロト」が気になった人は多いのですね。ロトの紋章、この言葉だけで子供のころの冒険のワクワク感がよみがえりますからね!

調べてみると、ネットの予想によりますとドラクエ11はドラクエ1~3の物語に関係しているということのようです。
どういうことかというと、ドラクエ11のロゴには赤いドラゴンが描かれていますが、ドラクエシリーズでタイトルロゴにドラゴンが描かれているのはドラクエ1のみ。
さらに、ロトゼタシアを英語にすると「Rotozetasia」となり、それを分解すると「Roto」「z」「etasi」「a」となります。これは日本語にすると「ロト」「ゼット」「タシ」「エー」となり、「ロトZ+A」、つまり「ロトをたどる未来から過去への物語」ということを意味しているのではないか!?ということでおおむね一致した見解になっています。

ロトとは、ドラクエ1~3において登場する伝説の勇者の名前です。ロトの全貌は未だ謎に包まれていて、実はドラクエ11の主人公こそがロトなのではないかとも言われているのです!
本当にロトゼタシアはロトの物語に関係していることを意味しているのか、そしてドラクエ11でロトの正体が判明するのか。気になる人は実際にプレイして確かめてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ドラクエ11は最近のゲームソフトでは珍しくヒットしていて、ドラクエってやっぱりすごいんだなあと感じました。
勇者が悪を倒すというシンプルな内容が世代を越えて多くの人に受け入れられる理由の一つなのかもしれません。
ロトゼタシアの秘密も気になります。
有給使ってまでプレイしたくなる気持ちは分かります。実際有給は取りませんが…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-9-10

    ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOのコメントと海外の反応「クラドラス後の腫れあがった顔で完了していた」「ターミネーターと戦っていたな」

    ロマゴンvsシーサケットの再戦は衝撃的なロマゴンのKO負けとなった。 あのロマゴンが大の字で起き上…
  2. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」n

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  3. 2017-7-29

    村上春樹7年ぶりの本格長編小説「騎士団長」海外の評判は?

    村上春樹の「1Q84」以来7年ぶりの本格長編小説「騎士団長殺し」が7月に韓国で発売され、 来春には…
  4. 2017-2-11

    日米首脳会談の中国の反応「トランプ超恥ずかしい」「物理的なものが決めてだから関係ない」

    2月10日日米首脳会談において沖縄と尖閣諸島においても日米安保5条が適用されることを確認し 安倍首…
  5. 2017-8-1

    田原総一朗氏の安倍首相への「政治生命かけた冒険」進言とは?九つの案のうちベストはこれだ!反応まとめ

    田原総一朗氏が、支持率低下に悩む安倍首相に「政治生命かけた冒険」を進言したと伝えられ、 その内容を…
  6. 2017-3-18

    ノバルティスの高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決!なぜ?反応まとめ「”斬新”過ぎる法判断」「製薬会社はやりたい放題では」

    ノバルティスファーマとその元社員が、京都府立医科大学で行われた高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究で…
  7. 2017-5-4

    北朝鮮中国との関係さらに悪化!米制裁同調非難はなぜ?反応まとめ「裏で繋がってじゃねぇの」「中国は嫌いだが今回は見直した」

    2017年5月3日北朝鮮が伝統的友好国であった中国を名指しで、異例の非難を行った。中国が米国制裁に同…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。