ゴロフキンvsアルバレスの予想まとめとその根拠!「技術はカネロ、GGGは一発がある」「前半でGが決めれなければカネロの判定」

9月16日のゴロフキンvsアルバレスがついに目前までやってきました。
この試合は世界中で注目されていますが、知らない人にはその理由とこれまでの歩みと合わせて
試合結果の予想も一緒にまとめていきます!

人によっては、メイウェザーvsキャッパオ以来のビッグマッチ!と叫ぶ人もいるほどです。
無敗ゴロフキンと、メイウェザーのみに判定黒星の若き今全盛期のアルバレス
このカードへの興奮に世界はマックスです。

ゴロフキンvsアルバレスの予想まとめ

▶ゴロフキンvsアルバレスが大注目である2つの理由

ゴロフキンvsアルバレス戦が大注目されているのには以下の2つの理由があります。

1.世界ミドル級頂上決戦とも言えるカード

ゴロフキンとアルバレスはどちらもミドル級最強のボクサーです。ゴロフキンは35歳にして未だ無敗をキープし続ける絶対王者で、KO率も89%という圧倒的な攻撃力で絶大な人気を誇っています。一方、アルバレスは高い総合力で万能な強さを持つボクサーで、ゴロフキンよりも若く、現在全盛期にあると言えます。

2.スタイルの異なる最強同士の戦い

ゴロフキンは圧倒的なパンチの強さで数々の試合を早々にKOで終わらせてきた最強の攻撃力を持つボクサーです。そしてアルバレスはゴロフキンほどの攻撃性はないものの、全体的に高い水準の能力を持ち、豊富なスタミナとスピードで相手を撹乱し、必殺のカウンターで勝利をもぎ取るスタイルです。この2人の異なるスタイルのボクサー、言わば最強の矛と最強の盾の戦いと言っても過言ではない試合はボクシングファンなら注目するのは当たり前のことなのです。

 

以下の動画でも公開されているように、非常に魅力的な選手です。

ゴロフキン

アルバレス

▶ゴロフキンvsアルバレスの予想

この試合でどちらが勝つのか、予想するのは難しいと思います。そちらも圧倒的な強さを持つボクサーなので、一瞬で勝敗が決することもありえます。

私の予想は、ゴロフキンが勝つのではないかと思います。アルバレスの方が若くてスタミナも豊富ですが、やはりゴロフキンのパンチを完璧に凌ぐことはできないのではないでしょうか?とはいえ、ゴロフキンが中盤までに仕留めきれなかった場合は一気にアルバレスの方が有利になりそうです。序盤に試合が動いた場合はゴロフキン有利、終盤までもつれ込んだ場合はアルバレス有利、といった感じになりそうです。

ゴロフキンvsアルバレスのネットの予想

判定になったらアルバレスにも勝機はある
アルバレスがスピードとコンビネーションで圧倒しそう
ゴロフキンがもし負けることがあるとしたらアルバレスしかない
ゴロフキン有利は変わらない
アルバレス好きだから勝ってほしいけどゴロフキンは強いからなあ
アルバレスがゴロフキンを倒してスーパースターになる
アルバレスがカウンターを狙う展開を選べば勝てるかも
どっちが勝つか予想がつかない!
ゴロフキンを倒して歴史に名を刻む
採点はアルバレス有利かな
出典:twitter

ゴロフキンvsアルバレスのネットの予想をまとめてみました。ネットはかなり盛り上がっていまっすね!

海外オッズはゴロフキン!

海外のオッズはどのくらいか?気になりましたので調べてみました。

海外オッズはゴロフキン優勢です。

業者P:G:1.645  A:2.370

業者B:G:1.61   A:2.30

ということでどちらの業者も同じような数字でした。

日本のネットでは、感覚的にですがアルベレス優勢のような感じはしましたが、
世界ではやはり根強くゴロフキン優勢と見ているようです。

まとめと視聴方法

ネットの予想ではアルバレス有利予想がわずかに多い印象です。
しかしゴロフキンを推す根強いファンもたくさんいて、試合前からかなりの盛り上がりを見せています。
はたして、ミドル級最強の座を手にするのはどちらなのか?運命の試合開始はもうすぐです!

いやー、まさかの….でしたね。

■関連記事

ゴロフキンvsアルバレスの放送時間(日本)とWOWOW以外選択肢はないの?

シーサケット次の対戦相手と海外の反応は?「危険な男」「パッキャオを継ぐ偉大なファイター」

井上尚弥の海外の反応2017最新版!「ロマゴンはスパークリング相手にもならない」「モンスターだと?他国の誇大宣伝だろ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-4-1

    羽生結弦世界選手権フリー逆転V!海外の反応「氷の天才」「オリンピックの支配者となるだろう」

    羽生結弦選手が2017年フィギュアスケート世界選手権フリーにて5位から1位に逆転となる世界最高得点で…
  2. 2017-9-5

    電磁パルス攻撃への北朝鮮対策はできているのか?反応まとめ「日本の対策はなし」「宣戦布告と同じ」

    金正恩委員長がICBMの弾頭に搭載される水爆を視察したと北朝鮮の国営メディアが伝える中で、 この水…
  3. 2017-6-10

    天皇陛下が退位特例法で上皇へ!ネットの反応まとめ

    天皇陛下が退位のご意向を表明されてから議論されていた退位特例法が9日午前の参議員本会議で可決、成立し…
  4. 2016-11-13

    トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

    トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の…
  5. 2017-8-30

    京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応まとめ

    今月初め、iPS細胞を新薬の開発に使う「iPS創薬」が実用段階に入ったことが報じられた。 京大iP…
  6. 2017-5-13

    5月13日戦争が起こると嘘っぽい予言を言う預言者の素性を調べてみた

    5月13日から10月13日の間、人類にとって非常に危険な期間で、戦争が起こると予言している有名な預言…
  7. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。