林修が英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題「納得」「いや英語耳は早期じゃないと無理」

林修先生の9月4日初耳学での英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題です。
実は筆者も幼児を持つ身ですが、日本語もままならない子になんで英語を教えるんだ?と
かなり疑問にもっていたところなので、非常にシンパシーを感じながら見ていました。
その詳細と反応をシェアしていきます。

林修が英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言

林修先生が英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言したのは9月24日の「林先生が驚く初耳学!」でのこと。
この番組はご存知かと思いますが、いろいろな知識を持ちよって、林先生に試すように知っているかどうかを迫るところが面白く
その知識を広げてゲストが意見感想を言うことで盛り上がるバラエティ番組であります。

もう2015年4月からやっていますので、2年半もやっている番組ということになります。

ゲストは、ご存知ダルビッシュの前妻である紗栄子さんだったのですが、お子さん9歳と7歳をお持ちで
非常に教育熱心で9月からイギリスの名門校へ留学させるとのこと。
その熱心さに感心する人、ひく人いましたが、話題は幼児期からの早期英語教育についてに。

紗栄子さんのお子さんの英語教育は1歳からしていて非常に熱心にやっているそうです。

確かにイオンなんかに行くといつも「ディズニーと英語」みたいな感じで、幼児の英語の早期教育がいいよ、ということで
無料でCDとか風船もらってきた経験がありますし、
なぜか祖父母も英語の単語を子供に少し教えたりします。

個人的には(そんなに、英語をしゃべらせたいのかな…)と引いているタイプです。
2歳とか3歳に英語教えてどうするんだ…と。

ただ、世間的に言われる早期教育のメリットとしては、「言語の習得には臨界期」があるということで
それまでに脳に英語を与えることで、英語脳を習得できるのだとか。

また、小さいころから英語に浸らせることで、論理的に教えることなくとも、スムーズに英語習得が出来るのと
toiecの平均点が先進国でも低い日本は、英語学習時間の確保が膨大に必要なことから
早期から英語学習をさせよう、という宣伝が多いですね。

さて、そんなちょっとしたブームでもあると思われる英語の幼児期からの早期教育に関して林修先生は次のような実体験に基づいた疑問を呈しました。

「子供に早期英語教育をやらせている東大出身の親に会ったことがない」
「ビジネス誌プレジデントオンラインに掲載された記事にペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡」
「バイリンガルの親ほど早期教育に否定的」
「語学は例えるならアプリ。アプリを動かすスペックを高めておくべき」
「幼児期という限られた期間内で英語教育の優先順位は低い」

ということを発言していて、
いわゆる、幼児への早期英語教育を、否定とまでは言わないですが、「もっと他のことを優先すべき」「自身のスペックを上げるべき」という考えであることが分かります。
(なくせ、ということではありません)

林修先生の英語の幼児早期教育への懐疑的発言に対する反応まとめ

これは共感した人は多かったのでしょうか?
ネットの声を拾ってみました。

確かに、スペックを高めれば英語に限らず習得できるものが多いのは当然だね。でも、英語耳の育成には早期教育こそ大事だと思うけどな
幼い頃からのバイリンガル教育はあんまりよくないと、専門家の友人に聞いたことがある。母国語を完璧にしたほうがいい
英語出来ても仕事できないと意味がない それに共感!
自身のスペックを高くしたら、英語はすぐにできるようにな る、に同意
英語至上主義ってバカのバイブルみたい
なんとなく納得。うちは2歳から始めてるけど…。今は楽しんでくれればそれでいいかな 
反対だな。聴く能力は子供のころから鍛えないと育たないよ。
英語は必要性を本人が痛切に感じれば習得出来る

出典:twitter

ザっと見た感じでは、8割が共感、2割が反対というところでしょうか。
反対している人は、スペックを高くするのは賛成だけど、英語脳・英語耳には早期からじゃないと絶対習得できない、
という信念の強さを感じました。

番組内でも言っていましたが「教育に正解はない」ということですので、
結果論になることが多いでしょう。
早期教育してすごく良かった子、悪かった子出てくるのでしょう。

同じことをしても結果が180度違う子が出てくるのが教育の難しさです。
親も熱くなりすぎて、子供が反動形成になることも多いですし、
なので我が家は親が自分の目標や夢に対してまずは一番頑張る、ということをモットーにしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-7-3

    公明党と都民ファーストとの関係は?なぜ自民との連携を解消?反応まとめ

    7月2日の都議選で、公明党は自民党ではなく都民ファーストの会と連携し勝利しました。 今まで自民党と…
  2. 2017-9-2

    武井咲が恋愛禁止ルール越え結婚したことへのオスカーとネットの反応

    女優の武井咲がEXILEのTAKAHIROと結婚したことが9月1日に発表されました。 個人的には黒…
  3. 2017-4-8

    エドはるみのライザップCM効果が凄すぎる!?反応「マジで綺麗になった」「18㎏減うらやまし~」

    エドはるみさんのライザップCMが4月10日から流れ始めますが、事前にその画像がネットで出回っていて…
  4. 2017-4-3

    原発賠償訴訟の女裁判長の判決に炎上!津波予見出来た?反応まとめ「常識外れという常識外れの人々」「結果論の判決だ」

    原発賠償訴訟に3月17日、非常の興味深い判決が出ました。 女裁判長の原氏は、国が巨大津波を予見でき…
  5. 2017-8-2

    ポニーテール禁止の校則に「なぜ?」反応まとめ「ありえない!」「何かの冗談?」

    ポニーテールを禁止する校則があるという驚愕の事実がネットで話題となっています。 しかし実はそうした…
  6. 2017-1-26

    トランプ大統領がメキシコ国境に壁を作る理由と海外の反応「男だ!」「正しい移民のために」

    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、 不…
  7. 2016-11-29

    サッカーブラジルチームが墜落した旅客機に!誰が乗っていたか最新情報は?反応まとめ

    コロンビアで事故をおこしたブラジルのチャーター機にブラジルのサッカーチームの選手スタッフら70人余り…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。