細野豪志氏離党するも同調者なし!なぜ今?反応まとめ

民進党の細野豪志元環境相(45)は4日、自身が結成した党内グループ「自誓会」の会合で、
近く離党する考えを表明したが、今のところ同調者はいない。なぜ今の時期を選んだのか?反応もまとめた。

細野豪志氏離党するも同調者なし!なぜ今?

離党する理由

1.民進党の政策への違和感
・安保法制の考え方、憲法改正に消極的な点
・共産党との選挙協力はリセットすべき

2.自民党に対抗する新党の結成を目指す
「もう一度、政権交代可能な二大政党を作りたい。党を出て、新たな政権政党を作る決意で立ち上がりたい」と述べた。
都民ファーストの会との連携を模索すると思われる。

3.党代表選(9月1日投開票)が迫る中、「(影響が)できるだけ少ない状況で判断した」としている。
一方、安倍内閣が苦境に立っている民進党にとって党勢回復のチャンスの時期になぜという声もある。

反響と今後への影響

1.民進党内での反響
・賛意
「大きな流れを作ってほしい」自誓会
・批判
「政権時代に閣僚まで務めたのに無責任だ」自誓会
「大将なんだから仲間のことも考えてほしい」自誓会
「党が厳しいときだからこそ踏ん張るべきだ」自誓会
「物事を簡単に投げ出す無責任な人間についていくやつはいない」党幹部
「新たなグループを作ることだけが選択肢ではない。今ある政党を立て直す努力をしてほしいし、
代表選に出る道もある。今のままでは中途半端だ」民進党静岡県連幹事長

2.今後への影響
「離党ドミノ」を懸念する声も出ている一方、現時点で同調者は出ていない。
4月に長島昭久衆院議員、7月に藤末健三参院議員がそれぞれ離党届を提出しており、
党が分裂する序章だとの見方もある。

一方、小池百合子東京都知事は、離党を表明した細野豪志元環境相について
「これまでもいろいろ明確な発言をしてこられた。政治家として練度が高められてきたのかなと思う」と評したものの、
今後連携する可能性についてはノーコメントだった。

細野豪志氏のこれまでの経歴を見てみましょう。

これまでの経歴

衆議院議員(6期)。
2011年 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)や環境大臣を務める。
2012年 民主党幹事長
2013年 参院選での民主党惨敗を受け幹事長を辞任
2015年 民主党政策調査会長
2016年9月 民進党代表選挙、従来の前原誠司支持から蓮舫代表代行への支持を表明し、蓮舫代表当選後、代表代行就任。
2017年4月10日発売の雑誌で憲法改正試案を公表したが、党内から批判が党の方針と異なると批判が相次いだことから、代表代行辞任。

なお、スキャンダルとしては、2006年10月にキャスターの山本モナとの不倫をフライデーで報じられ、
民主党政策調査会長代理を含む党役職を辞任し、さらに一部で『モナ男』というあだ名を付けられることになったのが、記憶に残ります。

京大法学部の先輩である前原誠司元外相のもとを離れ、蓮舫執行部からも逃げ出した
「身勝手路線」が反発を受け、党内で居場所がなくなったのが真相といえるとの見方もある。

次に、細野豪志氏離党表明に関するネットの反応を見てみましょう。

細野豪志氏離党表明に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

一時は民主党の将来を背負うプリンスとまで期待された細野氏ですが、最近の行動を含め、
なんとなく腰が定まらない印象で、全般の評判はあまりよくありません。

状況が苦しい時にどのような行動を取るかで、その人物の評価が決まります。
さて、今回の行動が、本人にとっても、さらに日本の政治にとっても、
未来を拓くことになるのか、今後を注視してゆきたいと思います。

■関連記事
希望の党の評判は?サプライズはあるか?反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-2

    妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?その詳細と反応をまとめてみた

    妊娠菌がうつる、そんな話がいつの間にか一部でブームとなり、現在ではメルカリで「妊娠菌の付いた米」なる…
  2. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  3. 2017-2-24

    投球なし敬遠のルール内容とは?反応をまとめてみた「そのうちホームランも歩かない?」「大リーグ終わりの始まりだ」

    大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  4. 2016-12-26

    樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

    今年の全日本選手権女子で、樋口新葉は2位、本田真凜は4位という結果となった。 同年齢のふたりのライ…
  5. 2017-8-23

    相次ぐ事故で第7艦隊司令官を解任へ!原因は?反応まとめ「驚きのできごと」「稲田前防衛相が笑顔で・・と大きな違い」

    第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. 2016-10-18

    アメリカでも導入されたソーダ税の税率と反応まとめ「無糖ソーダはどうなる?」「健康のためというと聞こえはいいが」

    アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー市では2014年11月にソーダ税が決まり、今も2リットルのコ…
  7. 2016-10-13

    プレイステーションVRはいまいち?感想をまとめてみた「没入感すごい!」「解像度荒い」

    プレイステーションVRが10月13日(木)についに発売! ゲームもついにバーチャルリアリティーの世…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。