井上尚弥の子供男の子が誕生!次戦見つからず心配の声も「相手がいない」「まさかビオリアじゃ」

井上尚弥選手に10月5日子供出産の報告があった。男の子ということで早くも「ジュニア」の期待の声があがっている。とても気が早い。
本人は「いつまでも強くいれる父親でいたい」とコメント。大変うれしいことでしょう。

一方で、2つの心配の声が生まれています。
「子供生まれると大変」「次の相手がまだ見つからない。モチベが..」といった声だ。
そのへんを見ていこう。

井上尚弥の子供男の子が誕生!次戦見つからず心配の声

井上尚弥選手の子供は男の子ということで、ネットでもお祝いの声が上がっている。
ところで、経験していない人には分かりづらいのですが、出産後といのは母親はもちろん、父親も夜は夜泣きに悩まされ、
妻と子供に気遣ったり、手伝ったりで、ヘトヘトになる人が多いのだ。
ずっと抱っこしていて腰をやられる一般人もよくいる。

もちろん、それは夫婦の役割分担にもよるのだが、出産後のパフォーマンス、他の人はどうだったか?見てみましょう。

1、ロジャー・フェデラー

テニスのレジェンド・ロジャーフェデラーは、井上尚弥選手と比較してよい存在だ。どちらもレジェンドだからだ。
実はフェデラー選手はすごい子持ちで、なんと2回の双子出産を経験している。
つまり合計4人の子供がいる。2回目も双子なんて相当びっくりですよね。

もちろんスターですので、お手伝いさんなど雇っていたでしょうが、一般人でしたらとても母親一人じゃ大変だということは容易に想像できますし、もし父親が手伝っていたら本当にどちらも大変でしょう。

そこでフェデラーの出産直後の成績を見て見ると…

出産年:2009年
>2008年8月11日まで1位を04年から守ってきましたが、そこから2位へ落ちました。2009年は7月に1位にもどしました。
2008年あたりから不調とは言われていました(それでも2位ですが)
出産年:2014年
>14年前半に8位に、しかし後半に2位に返り咲いている

ということで、大きくは落ちていないのですが、連続の1位在位記録が止まったのは2008年で妊娠している時だったのですね。
14年は年齢の問題や一時的な怪我の影響もあります。

2、山中慎介

山中選手の出産は2013年と思われます。その年、山中選手は絶好調で5,6,7度目の防衛戦を成功させています。

3、長谷川穂積

長谷川選手はおそらくプロデビューの前後が出産と思われます。子供の年齢が公開されてないので正確にはわかりませんが、プロデビューの活力にはなったのではないでしょうか。

 

ということで、ボクシング選手は出産年はいい感じの成績を残しています。フェデラー選手は年齢や怪我もあるとはおもいますが、微妙な数字ではありますが出産前にちょっと数字が乱れているのは気のせいでしょうか。

 

次戦が決まらず心配の声も

IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との統一戦がお流れになって
ビッグタイトルが今年ないんじゃないかという井上選手のモチベ―ションが心配されている。

ロマゴンもシーサケットも、エストラーダも、アンカハスもヤファイも日程が合いません。

井上選手も、日本人ファンも今年末には、ロマゴンの連勝を止めるのが井上選手だと信じていただけに
全然違う展開になってしまい、しかも他のめぼしい人も戦う相手としていない、という最悪の状態です。

多分クアドラスになるのではないかと言われていますが、タイトルマッチじゃないし、井上としても、ファンとしてもモチベーションが下がることになってしまいます。

そして、2018年来春に米国🇺🇸で予定されているSuperfly2のイベント出場を見送るということが言われています。
米国で見られるのは来年秋が濃厚。統一選が1年先というのは長いですね…。

まとめ

本人は、「来年、米国での試合を目指すことがモチベーション」と発言しています。

春は、9月段階では主催者側が、今回のスーパーフライ級が非常に盛り上がったため、それの第2弾!という感じだったのですが
そううまくはいかないみたいですね…。

年齢の問題もあるので、若いうちに強い選手とやって欲しい、とファンの方が焦ってしまいます。
本人や陣営も、目指しているx階級制覇のためにいろいろと調整も大変でしょう。

どうなるかわかりませんが、次戦発表は待つしかありません。
それまで子供との時間も多く過ごし、活力をためて欲しいところであります。

■関連記事

井上尚弥次戦2017最後は誰と対戦?クアドラスは?「スルタンもいるな」「クアドラと戦ってくれ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-9-14

    韓国が北朝鮮へ8億円超の人道支援を検討はなぜ今?反応まとめ「本気なのか」「攻めないでね支援か」

    韓国統一部の当局者がユニセフや国連世界食糧計画(WFP)の要請を受けて、 800万ドル(8億円超)…
  2. 2016-11-11

    PS4ProVRの感想!ネットの反応もまとめてみた「VRが4K以上の衝撃」「そこまで変わらない?」

    PS4 Proが11月10日に発売されました。賛否両論な意見が出ていたVR機能が期待以上の物なのか?…
  3. 2016-10-11

    DeNAラミレス監督の采配は阪神金本とこれだけ違う!その理由は?「どう始まるかより、どう終わるかが大事だ」「選手より監督が目立つようではダメ」

    ともに40代で、監督経験なし、永年弱小球団と言われ、選手補強も十分でない中で 監督に就任したDeN…
  4. 2017-2-17

    千眼美子の出版本”全部、言っちゃうね。”に違和感?反応まとめ「過去に2,3日で出版した事例はある」「不思議だ」

    清水富美加さんが名を千眼美子として2月17日突如、出版元を幸福の科学とする本を出版しました。 35…
  5. 2017-5-3

    tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

    5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換し…
  6. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  7. 2017-3-8

    山田哲人のホームランボール捕球で炎上理由と擁護の反応を紹介「審判も判定おかしい」「笑いに変えて乗り切るんだ」

    山田哲人のホームランボールであろうあたりを フィールド内に手を伸ばして補球してしまった少年が炎上し…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。