北朝鮮ミサイルの威力増しついにICBMに!これまでの技術進歩と反応まとめ

度重なる実験で威力を増していた北朝鮮のミサイルがついに大陸間弾道ミサイル(ICBM)となった。
これで北朝鮮は米国のアラスカを射程に入れた。ここまでに至る技術進歩と反応をまとめた。

北朝鮮ミサイルの威力増しついにICBMに!これまでの技術進歩と反応まとめ

到達可能性距離で見たミサイル開発の進歩(米国Union of Concerned Scientists記事を参照)。

ミサイル開発の技術進歩

着実な実験で、しっかりと射程距離を伸ばしていることが分かります。間もなく、
ハワイ、西海岸に達し、ワシントンも視野にいれた驚くべき進歩です。

距離の伸び以外にも、米国の空母や在日米軍基地を叩くための技術開発に余念がありません。
・従来の液体燃料に加え、固体燃料を使用するタイプを開発した。
これで発射までの時間の短縮、発射場所の移動がたやすくなり、発射場所が特定されにくくなる(5/21)。
・米原子力空母攻撃を想定した船舶攻撃用ミサイルを開発した(6/8)。
・小さなフィンを装備したミサイルにより、より飛行精度を上げた(5/29)
・4発同時発射により、ミサイル防衛を困難とした。これは在日米軍用と発表している(3/6)

今回の衝撃的な発表への日本のネットの反応を見てみましょう。

北朝鮮ミサイルがICBMに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

アメリカは、核弾道を搭載したミサイルが本土に飛んでくることを脅威としているが、
日本はすでに現段階で脅威の真っただ中にあります。

日本のこれからの一番の脅威はアメリカの先制攻撃による日本を含めた東アジアの戦争が起こることでしょう。

トランプ大統領の北朝鮮や中国に対する脅しもほとんど効果をあげていないように見えます。
強硬策を行うと脅しながら、一貫性がなく、北朝鮮や中国にすでに足元を見られているのではという見方もあります。

中国への圧力一本やりでは事態は変わらないように見えます。大手メディアと争うより、
総合的、戦略的にこの重大問題をどうして行くのかきっちり考えて、果敢に手を打って行かないと、
東アジアの危機はますます増大し、日本はこのままの危機の状態がこれからもずっと続くことになります。

■関連記事
ICBM発射成功と北朝鮮!アメリカ到達時間と海外の反応「中国は油を止めるだけなのにやらない」「避けられないな..」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-7-15

    ヒアリが横浜港コンテナ近くで500匹も発見!反応まとめ

    世間を騒がせているヒアリが14日、横浜港で500匹も発見されました。これまで日本各地で見つかった中で…
  2. 2017-2-13

    JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

    国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。 週刊ダイヤモンドはJA…
  3. 2017-5-2

    トランプ氏金正恩との会談に前向きとの驚愕発言!その意図は?反応まとめ「金正恩は本望だろう」「捕獲を怖れて出てこないよね」

    トランプ大統領は、朝鮮半島の緊張を和らげることになるならば、金正恩朝鮮労働党委員長と会談する意向の発…
  4. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  5. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  6. 2017-8-29

    ロマゴンとシーサケットの再戦の予想と放送予定まとめ「技術のロマゴン、体力は王者」

    ロマゴンとシーサケットの再選が9月9日に行われます。 前回まさかの判定負けとなったロマゴンにとって…
  7. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。