北朝鮮6度目の核実験でついにレッドラインを超える!アメリカはどう出る?反応まとめ

北朝鮮が、7月の2度のICBM発射実験に続き、「ICBM用水爆実験を成功」と発表した6度目の核実験を行った。
アメリカが警告していたレッドラインを北朝鮮がはっきり超えたことで、果たしてアメリカは軍事行動に踏み切るのか?反応をまとめた。

北朝鮮6度目の核実験でついにレッドラインを超える!アメリカはどう出る?

北朝鮮が6度目の核実験をやれば、ICBMのテストをやれば、ペンタゴンは軍事オプションを
大統領に提出すると述べていたが、トランプ政権の足元を見るように、
北朝鮮が、すでに2度のICBM、今回の核実験と、次々とレッドラインを超えている。

ICBM実験の場合は、まだ米国本土に届く威力はないとか、再突入技術が不十分だとか、
核弾道搭載する能力がないなどとして、レッドラインをいつの間にか
後退させてきた感もありますが、核実験については、言い訳ができません。

北朝鮮はICBMの実験をしても米国が軍事行動に出ることはない
、軍事行動は米国や韓国および日本にとってあまりにも大きな犠牲となるので
米国は踏み切れないと判断し、いわば米国の足元を見たと思われます。

トランプ政権は、4月中旬に北朝鮮に対し、非核化を目的とし、「政権交替」まで要求しないとしたうえで、以下の3つの北朝鮮政策を掲げました。
1.中国に、北朝鮮に経済的な圧力をかけさせる。
2.北朝鮮と取引のある中国企業に制裁を加える。
3.並行して軍事オプションを検討する。

ここまでの北朝鮮の動きからは、これらがほとんど効果を上げておらず、
核弾頭を装備した米国本土に届くICBMに向けて北朝鮮が短時間に、着実に技術を開発していると言えます。

北朝鮮がアメリカは軍事行動に踏み切れないと考えている理由

・現在の核・ミサイル開発配備状況からすると、北朝鮮の国土が消滅するくらいの攻撃でない限り、
核とミサイルを完全に破壊することは不可能であって、北朝鮮との間では限定戦争ではとどまらず、全面戦争になることは避けがたい。
全面戦争が起こった場合
・韓国および日本が甚大な被害、壊滅的ともいえる被害を被る可能性がある
・米軍兵士の犠牲も、作戦開始から3か月で数万人に上るとも見られている。
・韓国や日本に在住する米国人は20万人を超えるとみられており、多数の自国民を巻き添えにできない。

次に、北朝鮮の6度目の核実験に関する日本の反応を見てみましょう。

北朝鮮の6度目の核実験に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

これまでで、最大の危機が迫っています。ギリギリのところで、
中国が態度を変えて、石油禁輸に踏み切るのか、米国が北朝鮮と妥協するのか。

すでに、中国やロシアだけでなく、ドイツのメルケル首相は朝鮮半島での武力行使での解決に反対するとの発言し、
ガブリエル外相はロシア中国が提案しているいわゆる「ダブルフリーズ」計画を理解し、支持していると述べている。

トランプ大統領が、歴代政権と同じ失敗すなわち「核・ミサイル実験停止の見返りに、対話再開するも、
結局その間に開発を進め決裂や破棄となって、時間稼ぎをさせた」を繰り返してはならないといくら主張しても、
現状で、これに代わる有効な手段があるのでしょうか?

今となっては、金正恩の方が、客観的に戦術を組み立てる点で、一枚も二枚も上だったのかもしれません。

トランプ大統領は振り上げたこぶしをどこに下すのでしょうか?面子や一時の怒りで、
東アジアでの全面戦争に踏み切ることになれれば、日本や韓国国民はたまったものではありません。

■関連記事
北朝鮮速報に38ノースを見る人が増えている !日本語版は?反応まとめ

北朝鮮の水爆の威力はどれくらい?海外の反応まとめ「ロシア・中国の協力?」「いや現地で終わるよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-2-24

    投球なし敬遠のルール内容とは?反応をまとめてみた「そのうちホームランも歩かない?」「大リーグ終わりの始まりだ」

    大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2017-3-6

    安倍総裁任期延長で2021年まで総理続投ヘの反応まとめ「他にいない」「危機管理意識がゆるんでいるのでは」

    3月5日の自民党大会で総裁任期が今までの「2期6年」から「3期9年」にまで延長する規約改正が承認され…
  3. 2017-4-26

    中国サイトに日本企業の機密文書が公開!その実態は?反応まとめ

    中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  4. 2016-11-9

    PS4ProのVR解像度は?発売日前の反応まとめ

    PS4Proが11月10日に発売されます。非常に期待が高まっていますが、気になるのはVRの解像度。…
  5. 2017-10-6

    ユリノミクスとは?内容を分かりやすく言うと….反応まとめ「ゼロという不可能を約束するのは信用ならん」「自民にはいえないこと言ってていいのでは」

    10月6日に希望の党が公約として「ユリノミクス」を発表しました。 分かりやすいですが、アベノミクス…
  6. 2017-9-29

    水戸済生会総合病院で医療ミス モルヒネ10倍なぜ起きた?評判まとめ

    水戸済生会総合病院で、入院中の患者に決められた量の10倍のモルヒネが投与されるという医療ミスが起きた…
  7. 2017-9-20

    トランプの国連演説の内容と海外の反応まとめ「なぜ北が招待されてるの!?」「いつまで攻撃されるのを待ってるんだ」

    2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。