小野寺五典防衛大臣の評判は?過去には女性スキャンダルも「手堅い」「無難」

安倍総理は内閣改造と自民党の役員人事を8月3日行い報道しました。
今回の人事で注目されたポストの1つは防衛大臣でした.改造直前に事実上更迭された稲田前防衛大臣の後任に安倍総理が選んだのは小野寺五典衆議院議員でした。
防衛大臣経験者である小野寺新大臣とはどんな評判の人なんでしょうか?世間の反応と共にまとめてみました。

小野寺五典防衛大臣の評判 過去には女性スキャンダルも

小野寺議員は1997年の宮城6区補欠選挙に自民党公認で立候補して当選しますが、公職選挙法違反で書類送検と罰金刑を受け議員を辞職します。
3年間公民権停止ののち2003年の衆院選で再び宮城6区から自民党公認で立候補。
当選したのち小泉内閣と前回の安倍内閣では外務の政務三役を務めました。

政権交代が起きた2009年の選挙でも選挙区で当選します。2012年の総選挙で当選し発足した安倍内閣で防衛大臣に就任し初入閣を果たしました。

テレビ番組への登場も多い小野寺議員ですが、過去には女性にまつわるスキャンダル報道もありました。
なかでも歌手のASKAさんの愛人と言われ同じブツの使用の容疑で逮捕されたことのある女性との関係が言われ、小野寺議員が事務所を通じてコメントを出す事もありました。

こういったトラブルはありますが、国会でのやり取りを見ると、非常に落ち着いたやり取りで信頼感がある人です。
突発的な質問や挑発で失言はしないタイプですね。そういう意味では手堅い、と言えるのでしょう。
先日行われた加計学園問題の参考人招致での質問でも、的確な言葉で、落ち着いた姿勢はすごく印象的でした。

評判としてはいろいろとありますけれど、女性関係をのぞいた、仕事の評判としては悪くありません。

 

小野寺五防衛大臣 ネットの反応・評判は?

そんな小野寺議員が再び防衛大臣の座に就く事に関してネットでは次のように言われています。

その他評判をまとめると以下のようになっています。

無難な人事
経験者なら安心
国防を建て直してくれ
小野寺さんか!ナイス人事
手堅いなあ
派手さより安定、それでいい
今の弛んだ防衛省には小野寺さん合うかな?
優しすぎると逆効果になりそう
稲田の後は誰でも大変
また野党やマスコミに色々掘り起こされるぞ
新鮮味がない
期待できない

出典:twitter

批判的な声やスキャンダルの再燃を心配する反応もみられました。
支持率が急落しておそらく当初考えていた人事プランは吹き飛んだであろう安倍総理。
特に様々な発言や人権掌握の部分で失態を晒した稲田大臣の後任は慎重に慎重を重ねて人選したでしょう。
その結論が防衛大臣の経験者である小野寺大臣の再任というものでした。
「お友達内閣」「イエスマン内閣」という批判されてきた今までとどういう違いを見せてくれるのか、反対側では民進党は相変わらずさをみせているだけに今回の内閣改造で支持率回復となれば早期の衆院解散もあるでしょう。
そういう部分においても勿論前任者が色々引っ掻き回し荒れ放題の防衛省の建て直しを含めて小野寺防衛大臣の手腕や言動は逐一報じられる事でしょう。
■関連記事
上川陽子法相の経歴や評判は?反応まとめ「答弁に不安はない」「韓国と仲良くしようとか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-11

    FBI長官コミー氏解任の理由と海外の反応「ウォーターゲート事件の再来」「ロシアの関与本当なの!」

    アメリカでFBI長官のコミー氏が5月9日にトランプ政権によって解任されたことが発表されました。 コ…
  2. 2017-1-5

    釜山で慰安婦像ゲリラ設置に韓国の反応は?

    日韓合意から1周年を迎えた12月28日、その合意を撤回させてしまうかもしれない事件が起きました。 …
  3. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
  4. 2017-7-29

    村上春樹7年ぶりの本格長編小説「騎士団長」海外の評判は?

    村上春樹の「1Q84」以来7年ぶりの本格長編小説「騎士団長殺し」が7月に韓国で発売され、 来春には…
  5. 2017-8-25

    米宝くじパワーボールで830億円大当たり!日本にもある?当選者の末路と反応まとめ

    アメリカの宝くじ「パワーボール」でマサチューセッツ州の女性が史上最高となる830億円の大当たりとなり…
  6. 2017-5-22

    メガマウス打ち上げで地震はデマか本当か?「水面にプランクトン食べに来てるの」「M6以上は月1で起きてる」

    幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  7. 2017-8-5

    細野豪志氏離党するも同調者なし!なぜ今?反応まとめ

    民進党の細野豪志元環境相(45)は4日、自身が結成した党内グループ「自誓会」の会合で、 近く離党す…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。