ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOのコメントと海外の反応「クラドラス後の腫れあがった顔で完了していた」「ターミネーターと戦っていたな」

ロマゴンvsシーサケットの再戦は衝撃的なロマゴンのKO負けとなった。
あのロマゴンが大の字で起き上がれず。
素人目から見ても明らかな完敗。ロマゴンが弱くなったのか、階級が合わなすぎるのか、それともシーサケットが強すぎるのか?
両者のコメントと海外の反応をまとめてみた。

ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOのコメント

少なくとも、多くの人が、ここでロマゴンが勝ち、井上と次の次に対戦するイメージでいたと思う。
ロマゴンといえば無敵、軽量級最強チャンプであり、今年のPFPの「最強は誰か?」ランキングも
全ての階級をとおして1位でありました。
とにかくプロの目から見ても明らかに抜きんでて強かったのにどうしてしまったのか。
素人目には何がなんだかわからないく混乱したというのが正直なところではないでしょうか?

まずは両者コメントから見てみましょう。

勝者シーサケットのコメント

「あれから4ヶ月一生懸命練習してきました。
タイのために戦いました。タイのために人々のために頑張りました。

前回は2ヶ月の準備期間でした。今回は4ヶ月ありました。
今回はKOで勝てると確信していた。」

>井上、エストラーダ、どっちと戦いたい?

「誰でもいい、誰も怖くない」

帰国後

「私はタイが戦士の国であると世界に示したことを誇りに思う。試合は世界100カ国以上で放送された。この勝利はタイとすべてのファンのものだ」

「そう遠い昔ではなく、私はごみをあさって食べ物を探していた。しかし、ジムでひたすら汗を流し、世界チャンピオンになることができた。努力と強い意志で運命は変えることができる。こうした経験が若い人たちの模範なれたらうれしい」

タイ政府もシーサケットに対して引退した暁にはしかるべき地位を提供すると申し出たそうです。

敗者ロマゴンのコメント

「私たちはパンチを交換し合ったが、彼のパンチはよりハードだった。2度目のダウンの際は深いダメージを受けたが、大丈夫だ」

ロマゴンのシーサケットからの衝撃KOの海外の反応

シーサケットは真のチャンピオンだ!
ロマゴンがスーパーフライ級であれば簡単にあの2人を打ち負かすだろう
ロマゴンは戦う前から戦意喪失していた。しかし前の負けで彼は疑念がいっぱいだった。本当は最初の戦いで勝っていたのに
ロマゴンはターミネーターと戦っていた
素晴らしい戦い。素晴らしいKO
 ロマゴンは素晴らしいボクサーです。ただ、この階級では普通です。クラドラスにわずかに勝てて、その後敗北しただけだ。
クアドラスにも負けていた
クアドラスとの対戦後のはれ上がった顔はロマゴンの完了を示している。シーサケットは残り物をとっただけだ
このタイの竜巻は、ハリケーン・イルマのように地図を綺麗にしていくだろう
くそったれ!負けた

出典:https://youtu.be/0O9RbVqc4CE

まとめ

今回は最強と思われ、その最強ロマゴンを倒すのは井上だと、多くの人が描いた夢が崩されました。
とにかく、井上本人をはじめ、日本のボクシングファンのほとんどの夢を失うようなことだっただけに
私をはじめ非常にショッキングな日本人が多かったのだと思います。

今回のロマゴンは、年齢と階級もあるかもしれませんが、今回シーサケットが強かったというのも本当です。
私たちの夢は崩れましたが、また別の形を追うしかありません。

ロマゴンの今後も気になります。

■関連記事

ゴロフキンvsアルバレスの放送時間(日本)とWOWOW以外選択肢はないの?

シーサケット次の対戦相手と海外の反応は?「危険な男」「パッキャオを継ぐ偉大なファイター」

井上尚弥の海外の反応2017最新版!「ロマゴンはスパークリング相手にもならない」「モンスターだと?他国の誇大宣伝だろ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-3

    四季島 撮り鉄排除対策に激怒と擁護の声!反応まとめ「当然」「乗り物であり被写体ではない」

    5月1日に運行開始した豪華寝台列車「トランスイート四季島」が撮り鉄(電車を撮影するマニア)を排除する…
  2. 2017-6-23

    張本智和元世界ランク1位の41歳サムソノフを撃破に中国の反応は?

    22日に行われた中国オープン男子シングルス1回戦で13歳張本智和(世界ランク39位)が、 元世界1…
  3. 2017-8-12

    北朝鮮グアム攻撃したら各国はどう動く?反応まとめ「巧妙な挑発の罠」「金正恩渾身のブラフ」

    北朝鮮とトランプ米大統領の応酬がエスカレートしています。北朝鮮がグアム攻撃したら、米国はじめ各国はど…
  4. 2016-10-14

    タイの王位継承するワチラロンコン皇太子の素行に国民が大きな不安!反応まとめ

    13日、タイ王室は、プミポン国王が88歳で死去したと発表した。 王位継承はワチラロンコン皇太子(6…
  5. 2017-9-23

    平昌五輪参加辞退の動き各国で!開催危機?反応まとめ「金正恩は五輪を人質に」「日本も考えるべき」

    北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  6. 2017-4-21

    This Manの正体判明はイタリアにあり!その衝撃と海外の反応まとめ

    世にも奇妙な物語で話題になっているthis manだが、独自に調べつくして その正体がついに判明し…
  7. 2017-7-28

    民進党の次期代表候補のうち誰が最適か?反応まとめ

    民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。