シーサケット次の対戦相手と海外の反応は?「危険な男」「パッキャオを継ぐ偉大なファイター」

井上尚弥が、衝撃的な米デビューをした同じリングで、WBCスーパーフライ級タイトルマッチが行われ、
シーサケット(タイ)が元4階級制覇のロマゴン(ローマン・ゴンザレス)を4回TKOと圧倒して、
初防衛を飾った。次の対戦相手は誰になるのか?海外の反応も見た。

シーサケットの次の対戦相手と海外の反応

シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ、1986年12月8日生まれ )は、3月の前回対戦で2-0の判定勝ちでゴンザレスからタイトルを奪って、
WBC世界スーパーフライ級王者となっていた。

2009年3月17日にデビューして以来、49試合 44勝4敗1引き分け、KO率 82%を誇っている。

今回は4カ月間の準備期間をおいて、自信を持って、KO勝ちしたようだ。
この戦いぶりで、一気に世の評価を高めた。

この試合の戦いぶりについて海外の反応を見てみましょう。

シーサケットの初防衛に関する海外の反応

シーサケートは殺意を持って打ち込んでいた。それらのパンチがロマゴンをKOしたんだろう
シーサケートは信じられないほどのハードヒッターだ
これは私を悲しませる・・・
シーサケートから受け取った地獄のボクシングの経歴。 KOでの2度目のプロファイトで、今や彼は世界チャンピオンだ
ロマゴンがこのようにノックアウトされるのを見るのは滅多にない! シーサケートは今や危険な男です。どうぞ次はエストラーダと
パッキャオを継ぐ次のアジアに偉大なファイター?
ロマゴンとの2度の対戦で、この素晴らしいボクサーを打ち倒して、彼のパーフォーマンスを確固のものとした。素晴らしい
うーん、血が凍ったな

(出典:youtube)

その強さに圧倒されているようです。アジア1のボクサーとの評価も偽りではないかもしれません。

次は、井上尚弥との対戦をとの声もあるが、今のところメキシコ人で3位のエストラーダが有力のようです。

ファン・フランシスコ・エストラーダ(27)は、WBCスーパーフライ級2位のカルロス・クアドラス(メキシコ)に
3-0で判定勝ちして挑戦権を獲得した。

リポーターが「モンスター井上とエストラーダのどちらに興味がある」と聞くと、
シーサケットは「誰でもいい。誰も怖くない」と笑みを浮かべたそうだ。

日本のボクシングファンとしては一日も早く井上尚弥との対戦を見たいものです。

■関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-4-13

    トランプは本当に北朝鮮攻撃出来ない?国内と海外の反応まとめ

    先日シリアのアサド政権に対してミサイル攻撃を実行したアメリカ。 トランプ大統領の次なるターゲット(…
  2. 2017-1-27

    ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

    ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標権を大阪府内の無関係の企…
  3. 2016-11-8

    イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

    高等法院がEU基本条約第50条を発動してEU離脱交渉を開始するには、 議会の承認が必要だという判決…
  4. 2017-10-5

    ベーシックインカム希望の党公約案が炎上!反応まとめ「メリットは?」「ただの人気取り」「スーパーリベラルな政策」

    希望の党の衆院選公約の原案に、生活に最低限必要なお金を全国民に支給する「ベーシックインカム」導入が組…
  5. 2017-9-27

    平昌オリンピック公式HPの世界地図に日本がない!で炎上「意図的だ。東海と独島はあるので」「IOCと国はどう対処する?」

    平昌オリンピック公式HPの世界地図に日本がないことで朝から炎上しています。 覗いてみると...確か…
  6. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
  7. 2016-11-10

    トランプ大統領誕生でTPP発効が風前の灯に!日本はAIIBへの参加を検討すべき?反応まとめ

    トランプ大統領誕生で、「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言していたトランプ氏がそのとおり実行…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。