水爆実験太平洋上どこで出来る?海外の反応「次はトランプが何か言う番」「2人は同等だ」

アメリカと北朝鮮の舌戦が続いている。
国連総会でトランプ大統領が会場をどよめかせ、北朝鮮大使が途中退室する事態となったことに対する
金労働党委員長の反応は、外相が推測で語ったものだが、「太平洋上のどこかで水爆実験をする」のでは、とのこと。
放射能の影響などあるので、他人事ではない。魚への影響、津波、心配がつのる。
海外の反応とともにみていこう。

水爆実験太平洋上どこで出来る?

アメリカはメディアはトランプ大統領に対して静観、もしくはやや批判的に北との対立をみていて、
ニュースコメントを見る限りだと、国民の多くは、今までのオバマ氏の戦略的な無視によって
北の開発が進んだことを問題視している。よってトランプの強い態度は受け入れられている状態だ。

先日の9月19日の国連総会にて、トランプ大統領は言いたい放題で
国連自体も運営のまずさを指摘した上で、北朝鮮を強い言葉で批判した。

・ロケットマンが自殺行為の任務を進めている
・米国はあらゆる手段を講じて自国と同盟国を防衛する
・もし、軍事攻撃に踏み切れば北は完全に破壊される

その他、日本の拉致問題に触れたことも記憶に新しい。
会場はざわめき、メディアは批判的に伝えていたが、現場は拍手喝さいで終わったと現場にいたリポーターは伝えている。

それに対し、22日までに金労働党委員長は「史上最高の超強硬な対応措置」と発言し
これについて、ニューヨークを訪れているリ・ヨンホ外相は記者団に具体的にどのようなことか?を尋ねられて
「私の考えでは、おそらく水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないかと思う」
と発言し物議をかもしている。

いったい他人の領土で水爆実験なんてできるのだろうか?
もしやるとしたら、そこの領土でそれが可能なのだろうか?
もしやったら、アメリカはどうするだろうか?

そんな疑問や心配が駆け巡っている。

海外の反応は?

これに対して、海外の反応をみてみよう。

キムとヒラリーには共通点があるな
残念ながらこれは北にとってうまく終わらないだろう
次はトランプがなんか言う番だな
コミックになりそうだな
トランプ支持者は、トランプがキムと同等なことに気づいていない。
キムとトランプの両方がナンセンスを吐くことを除いて、状況は少しでも変わっていない。
もう言葉の合戦ではなく、
軍事的なものが必要になる 
我々には、2,3歳の子供が2人いて、残念ながら2人とも核をもっています。
なんだかメディアはキムを賞賛して、トランプをたたいているようにみえるな

出典:https://www.yahoo.com/news/kim-jong-un-calls-donald-225337293.html

アメリカのコメントも変わってきたように感じますね。
以前は、北に強い口調のトランプ支持が上位コメントを占めていましたが
今回は少しあきれている感じはします。

また、中にはこれは賢いトランプの戦略なんじゃないか?という人もいました。
北は直接攻撃は出来ないから、脅しでどんどん武器を使って、結局資金不足で自滅していくと計算して挑発しているのでは?
と。

たしかに、武器には非常にお金がかかるので、パフォーマンスだけでかなりのお金を使っているはずです。
そのへんは指摘が少ないですが、実際どうなのでしょうね。

今回の水爆実験は、かなり非現実的です。他人の領土でそんなことをしたら、これこそレッドラインを超えることになるかもしれません。
なので、行わないのではないかと思いますが、
そろそろネタが尽きてきた北は、どうでるのか?
また、トランプ大統領は計算して発言しているのか?それとも子供みたいなやりとりをしているだけなのか?

いろいろと気になるところですが、計算してやっていることを願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-10-6

    人工多能性幹細胞(iPS細胞)創薬の治験が世界初の挑戦へ「画期的」「希望の光だ」

    人工多能性幹細胞、いわゆるiPS細胞を使った薬の世界初の治験が(臨床試験)が行われることとなりました…
  2. 2016-11-12

    朴槿恵(パク・クネ)大統領への若者の怒りの原因は、崔順実(チェ・スンシル)の娘に! 反応まとめ

    機密文書疑惑をめぐる朴槿恵(パク・クネ)大統領へ退陣への国民のうねりが高まっている。 その中でも、…
  3. 2017-8-21

    ケンブリッジ大の天安門事件など論文の中国から接続遮断に批判殺到!なぜ?反応まとめ「魂を売った」「歴史の書き直しに加担」

    英国ケンブリッジ大出版局が、「チャイナ・クオータリー」のサイトに掲載されていた政治的に敏感な大天安門…
  4. 2017-4-2

    高齢者ドライバー事故急増に思うこと!運転を続けるためには何をすべきか?

    高齢者ドライバーによる悲惨な交通事故急増のニュースを最近多く見ます。運動能力や判断力の低下、さらには…
  5. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  6. 2017-3-30

    てるみくらぶの内定者救済申し出たJALFとは?反応まとめ「私なら受けない」「人材不足なのでは?」

    3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  7. 2016-12-12

    宮原知子の最新GPファイナルの海外の反応

    グランプリファイナルの結果、女子は宮原知子はショートと、フリーともにパーソナルベストをたたきだし、…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。