田原総一朗氏の安倍首相への「政治生命かけた冒険」進言とは?九つの案のうちベストはこれだ!反応まとめ

田原総一朗氏が、支持率低下に悩む安倍首相に「政治生命かけた冒険」を進言したと伝えられ、
その内容を憶測する報道が続いている。可能性のある9案を考え、比較検討した。反応もまとめた。

田原総一朗氏の安倍首相への「政治生命かけた冒険」進言とは?九つの案のうちベストはこれだ!

田原総一朗氏のその後の記者とのやりとりから、「政治生命かけた冒険」提案の内容を推測してみた。

まず、「政治生命かけた冒険」であるための、九つの条件を以下に挙げた。

政治生命かけた冒険提案の9つの条件

1. 首相が政治生命をかけるレベルのものである。
2. 冒険に値する。危険が伴うが、成功すれば、サプライズとなって、支持率回復に大きな役割を果たす。
3. 安倍首相でなければできない。総理大臣故その権限を持っている。また、こちらの意味が大きいと思うが、
右派勢力を基盤とした安倍首相だからこそ、右派が嫌う事項でも、抑えることができる。
第1次安倍内閣の中国訪問などは、このパターン。
4. 内容が表に出た瞬間に、壊れてしまう類のもの。
反対勢力も多いテーマ。
5.(成果が)そのうち目に見える 国民にはっきりその成果を見せることができる。
6.民進党も共産党も自由党も反対ではない。
右寄りのテーマではない。
7.実現の可能性 5割はある。夢のような話ではない。
8.実現の時期 年内に実現可能なテーマ
9.支持率回復に寄与する。

次に、考えられる九つのテーマを挙げてみた。

考えられる9つのテーマとは

1. 早期解散総選挙
2. 総理辞任
3. 憲法改正
4. 電撃的北朝鮮訪問
5. 北方領土返還
6. 政界再編か新たな連立政権構想
7. 脱原発宣言
8. 皇室典範改正
9. 日中の問題の解決

これらについて、まず田原総一朗氏の記者の質問に対するレスポンスは次のようであった。
但し、田原総一朗氏は内容を口にすると、つぶれてしまうといっているので、
煙に巻いている可能性もあり、そのまま信じられないところもある。

1の早期解散総選挙について そんな細かい問題じゃない.
2の総理辞任について、否定した。
4の電撃的北朝鮮訪問について「そんなことは、安倍さんおよび安倍さんの周辺はみんな考えている」と切り捨てた。

9つのテーマを「政治生命かけた冒険」であるための9つの条件に当てはめて、表にし、可能性をさぐった。

 

例えば、総理辞任は政治生命をかける条件から否定される(×)。
支持率回復につながるテーマであることが最大の条件だが、
安倍首相でなければできないというのは、最重要ポイントと思われる。
野党が反対せず、右派を基盤とする安倍首相であればこそできるという点である。

結局、田原氏は一旦否定しているが、冒険であり、実現すれば、成果が非常に大きく、
場合によっては後世に名を遺し、支持率回復に最も効果が大きいと考えると4の電撃的北朝鮮訪問以外にはありえないと思われる。

詳しく見てみましょう。
1. 安倍首相にとって、北朝鮮との交渉、電撃訪問は、小泉内閣で2度経験済みである。
2. 小泉内閣は、落ちかけた支持率を、拉致被害者を取り戻すことで、
劇的に回復させたことを首相は眼のあたりにしている。
3. 拉致被害者を取り戻すことは、安倍内閣の発足当初からの公約であり、
安倍首相在任中に必ず成し遂げると被害者家族に約束している。
4. 国際情勢の現状
中国頼りのトランプ政権は、2度のICBM発射実験で、打つ手がなくなってきている。
中国、ロシアはかねてから、圧力でなく、話し合いをと言っているので、賛成するであろう。
ミサイル発射を繰り返す北朝鮮も、これを永遠に続けることはできない。最大の望みはアメリカとの直接対話である。

現在西側で、トランプ大統領と最も近いのは安倍首相であろう。
米朝会談をセットすることを条件に拉致被害者問題解決を働きかけるチャンスではある。

5.大きな賭けであり、冒険である。もちろん水面下での交渉が成立してから、訪朝となるであろうが、
捕まる可能性など命をかけるほどの決心が必要である。小泉元首相ほどの度胸があるかを試される。

しかし、もしこれを成功させれば、支持率回復どころか、ノーベル平和賞候補に挙がってくるであろう。

次に、田原総一朗氏の安倍首相への進言についてのネットの反応を見てみましょう。

田原総一朗氏の安倍首相への進言に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットでは、田原氏に対する評判が悪いようです。提案内容については様々な説が出ています。

安倍首相には、閉塞する国際情勢を打ち破るための一撃として支持率回復などの眼の前の小さな目的のためでなく、
やるなら世界や人類の為に、思い切ったことをしてほしいと思います。

■関連記事
河野太郎氏の外務大臣就任が改造最大の目玉に!もろ刃の剣に?海外の反応「風向きが変わるかも」「親中派だ」「正気かよ」

内閣改造8月サプライズの女性大臣候補はいるのか?反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  2. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
  3. 2017-8-5

    都民ファーストの禁煙条例に物議!

    都民ファーストの会が「子どものいる家庭は禁煙」という条例案を提出する方針であることを発表したことが物…
  4. 2017-9-18

    柴崎岳バルサ戦スーパーゴールの動画!海外の反応まとめ「アメージング!」「バルサに行くかも」「レアル戦を思い出す」

    9月16日のリーガ・エスパニョーラ第4節のヘタフェvsバルセロナ戦にて、柴崎岳が世界を驚嘆させるスー…
  5. 2016-12-31

    内山高志の引退の3つの理由と反応まとめ「国内で飼いごろしされる器じゃない」「田口のモチベも下がる」

    毎年恒例となった内山高志選手の大晦日のタイトルマッチ。 しかし今年で見納めになるかもしれません。…
  6. 2016-12-12

    福島の石像破壊はなぜ?3つの説と反応まとめ

    福島県の神社やお寺などで石像が破壊されるという事件が相次いでいます。 今回の事件では狐の像が切断さ…
  7. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。