世界選手権エース水谷隼が13歳張本智和に敗れる大波乱!なぜ?反応まとめ

卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした
張本智和がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、エース水谷隼を4-1で撃破するという大波乱が起きた。
なぜこのようなことがこの大舞台で起こったのか?反応もまとめた。

世界選手権エース水谷隼が13歳張本智和に敗れる大波乱!なぜ?

国際卓球連盟(ITTF)は「13歳が衝撃的な番狂わせを演じた」と公式ツイッターで速報し、
動画付きでその瞬間を紹介している。

水谷は立ち上がりから張本の猛攻を受け、第1セットから3連続でセットを奪われた。
第4セットを取ったものの時すでに遅く、第5セットも流れを変えられず、完敗した。

世界ランク6位水谷と69位の張本智和は今回が公式戦初対戦であった。
倉嶋監督も「卓球ファンになっちゃいますね。天才2人が戦うとなると。僕も第三者として見たいぐらい」と語っていた。

では、なぜこの大番狂わせが起こったのであろうか?

大番狂わせが起こった理由

1.水谷隼が本調子でなかった
3月のジャパントップ12の1次リーグで、上田仁に1-3で敗戦し、日本人に敗れたのは2年前の今大会以来であった。
「結果、内容とも、ふがいないプレーで申し訳ない」と頭を下げた。

2月のワールドツアー・カタールオープンは体調不良で欠場。3月に入ってから練習を始めたばかりであった。
今回、前日あまり眠れなかったともいわれている。

卓球に限らず、オリンピックの翌年はモチベーションが上がらず、調子を落とす選手が多いと聞く。
水谷もリオでの達成感から、一段落してモチベーションが上がらない年となっていたかもしれない。

2.怖さを知らない張本智和が上り調子で迎えた大会であった
張本智和は昨年12月に世界ジュニアシングルスにて大会史上最年少13歳163日で優勝し、
今年2月のITTFワールドツアー・インドオープンでもシングルスで準優勝していた。

男女通じて史上最年少の13歳6ヶ月で世界選手権日本代表に選出された今大会でも1回戦で、
世界ランク106位のヌイティンク(ベルギー)に4―0で快勝し、世界大会初勝利をあげていた。

登り調子で、怖いもの知らずで迎えた大会だったのではと思われる。

3.水谷が張本智和を少々甘く見ていたか
試合前のコメントで、水谷は「立ちはだかる敵は蹴散らすだけですよ」と笑みを浮かべつつ、
「ぜひとも僕を倒してほしい」とエールを送っていた。

一方の張本智和は「強くないと水谷さんと試合ができないので、自分の成長を少し感じます。
1人の選手として、全力で勝ちにいきたい」と謙虚に述べていた。また、勝機は「5%」と述べていたそうだ。

世界ランクで6位と69位の実力差があり、水谷が敗れるとは、誰も考えていなかった。
周囲もエースとの一戦は、東京五輪を目指す13歳の試金石となると、どれだけ健闘できるか程度に見ていた。

張本智和はこれまでどのように成長してきたのかを見てみましょう(Wikipedia参照)。

張本智和のこれまで

2003年6月27日生まれの13歳、宮城県仙台市出身で、両親とも中国出身の卓球選手である。母・張凌は1995年世界卓球の中国代表であった。
2014年 春に日本に帰化する。
2010年以降 小学一年生で全日本卓球選手権大会(バンビの部)を優勝したのを皮切りにバンビ・カブ・ホープスでは無敗の6連覇を達成した。
2016年6月 ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯(U-21)で史上最年少優勝を果す。
2016年12月 世界ジュニアシングルスの優勝は大会史上最年少13歳163日で優勝した。
2017年2月 ITTFワールドツアー・インドオープン(男子シングルス)で準優勝する。
2017年5月 男女通じて史上最年少の13歳6ヶ月で世界選手権日本代表に選出された。

技術面では技術力はすでに世界のトップクラスと言われる多彩かつ安定したバックハンド攻撃が最大の武器である。
1点取るごとに拳を固め、雄叫びを上げるファイターで、「チョレイ!」の雄たけびが有名。

水谷隼が13歳張本智和に敗れるに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

張本智和の予想外の勝利に驚きと、健闘をほめたたえるコメントがほとんどです。

日本にとっては、両者が決勝でまみえるのが最も望ましかったが、
こうなった以上張本智和に、この勢いで、中国選手を次々と破り、
今まで水谷の達成しえなかった高みまで達してほしい。

いずれにしても、17歳の平野美宇らを始めとする若手女子の躍進が目立っていた日本の卓球界において、
13歳張本智和の出現で、日本男子のレベルがさらに向上する転機となったのは確かだ。

さらに、試合後「彼のためにも自分が強くならないと」と述べた水谷には、
日本のエースとしてこれを機会に先頭に立って、男子チームを引っ張り、
第2第3の張本智和クラスがどんどん出てくるようにしてもらいたい。

■関連記事
世界卓球2017ドイツ女子の放送予定は?48年ぶりのメダル獲得が期待できる3つの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-19

    ヒアリの駆除方法は3つ!まずは地方環境事務所に連絡を!「勘弁して」「見えない敵ほど怖いものは」

    毒を持つ蟻、ヒアリが現在日本で拡大するかしないかの瀬戸際に来ている。 2017年6月19日時点で神…
  2. 2017-9-23

    平昌五輪参加辞退の動き各国で!開催危機?反応まとめ「金正恩は五輪を人質に」「日本も考えるべき」

    北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. 2017-2-2

    JASRACが著作権使用料を音楽教室から徴収する理由と反応まとめ「解釈が強引すぎる」「学校からもとるかもね」

    JASRACがヤマハ・河合楽器製作所などの音楽教室から著作権料徴収を行う方針を固めたというニュースが…
  4. 2016-11-19

    安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

    ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は17日、外国首脳として初めてトランプ次期米大統領と会談した。 …
  5. 2017-1-23

    江角マキ子芸能界引退はなぜ?反応まとめ「ひとつの時代が終わった」「相手とどういう関係かによる」「心配だ」n

    江角マキコさんが芸能界引退を発表したことでその理由に憶測が読んでいます。 なぜ?引退したのか、その…
  6. 2017-1-6

    慰安婦少女像設置への日本の措置の韓国の反応「釜山は普通の行動じゃない。金大中が墓場からリモートコントロールでもしているんじゃ 」「米国とも中国とも日本とも断交かよ」

    釜山への慰安婦少女像の設置について外交レベルでもかなり険悪なことになっています。 今回は、この慰安…
  7. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。